鼻水・くしゃみ症状が辛い「花粉症」。効果的な対策はマスクの着用。

「目がかゆい。鼻水・くしゃみ。って花粉症かな?」、「春はいつから花粉が飛び始めるの?」という方もいます。

『花粉症』の症状や予防対策について、ご説明します。

スポンサーリンク

花粉症ってどんな病気なの?

花粉症は、草や花、木などの花粉でなるアレルギー症状です。

スギやヒノキ、カモガヤなどの植物から飛ぶ花粉が、人間の粘膜に付いて、体がアレルギー反応を起こします。

目は起きていたら開けているし、花粉がつきやすい状態です。鼻は常に呼吸をして、花粉を含む空気が通っています。顔は常に露出されているので、目のかゆみや鼻水、くしゃみなど、目や鼻に関する症状が多いことも納得できますね。

このように花粉が原因なので、そのまま花粉症と言われています。しかし、病名がつくなら正式には「アレルギー性鼻炎」となります。

スポンサーリンク

スギやヒノキなど花粉症は春先に症状が出やすいです。

よく言われている時期としては、春先など花粉が飛散する季節に聞きます。ですが、秋にも流行する植物があります。スギやヒノキ、ブヤクサにカモガヤが、一般的によく耳にする花粉症の種類ですね。

一番有名な「スギ花粉」は、2月~4月までの春頃がピークです。前年の秋から飛散を始め、夏までチラホラと残っているので、空気中にはオールシーズン含まれていることになります。

意外にも夏から秋にかけて飛散する「イネ花粉」もあります。しかも、1年間通して症状が出やすい花粉なのです。

スギの他にも、シラカンバやイチョウ、ケヤキなど、春の植物。また、イネ科の他に、ブタクサやヨモギなど、秋の植物。花粉の種類を調べてみると、1年間通して気を付けておく必要があります。

 

花粉症の対策はインフルエンザと同じ「マスク」

インフルエンザ感染予防医療用サージカルマスク1
出典元:Amazon

花粉症は空気中に飛んでいて、避けることができません。なので、完璧な対策はたてられないです。

だからといって、花粉を歓迎するわけにはいかないですし、完全ではないにしても、何か防御策をしておきたい。なので、重症化させない、軽症で済ませるためにできる、花粉症の予防方法をご紹介します。

まずは、花粉は主に家の外を飛んでいます。なので、必要以上に外出しないようにします。仕事や買い物、用事などで、外に出るときは、帽子やメガネなどでカラダにつかないようにしておくと良いです。

特に鼻は息を吸い込んだとき、同時に花粉も侵入してきます。呼吸は止めることもできませんので、マスクの着用がおすすめです。

口は会話をするときに開けます。口の中が粘膜になっているので、外から帰ったらうがいを徹底ですね。帰宅時は自宅に持ち込まないように、頭から足まで全身を払ってから、玄関に入りましょう。古いマスクはビニール袋などに入れて捨てます。

マスクは1回の外出ごとに、毎回新しいものと交換することになります。1枚あたり8.55円と比較的リーズナブルで、99%の花粉をブロックする、下記の医療用マスクがおすすめです。

→花粉を99%除去できる医療用マスクはこちら

 

あなた自身が気を付けることによって、自分の体を花粉症症状から守ることができます。あなたの症状が軽くなれば幸いです。

ちなみに、北海道は花粉症がないと聞いていました。しかし、調べてみると、スギ花粉など短期間ですが、北海道でも飛んでいました。

私は時々、鼻水やくしゃみが止まらなくなります。カルテや病名をみても、アレルギー性鼻炎の診断でした。しかも、病院で薬をもらったこともありますが、「アレグロ錠」というアレルギー性鼻炎のお薬でした。花粉症にも処方されることがあります。

北海道は花粉が飛ばないという、地域的な条件から、風邪気味や単なる軽い鼻炎だと思っていました。ですが、症状や処方されたお薬、病名などから、私も花粉症だったのかもしれません。

今後は私も手洗い・うがいなど、花粉症対策という意味も含めて気を付けていこうと思います。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です