市販薬の医療費控除「セルフメディケーション税制」情報

健康保険の知りたいことが載ってます。

病院に夜間受診したときの会計は後日お支払いです。振込も可能。

夜間や休日など、時間外に病院受診した場合は、後日お支払いすることになります。事務はお休みなので、当日のお会計ができません。 帰りに預かり金をお願いしている病院もあります。金額は医療機関によって様々ですが、お支払いの意思表示という意味です。 救急指定病院など、受付や会計をやってくれ ‥‥

病院の夜間受付も保険証が必要。緊急時は持参なしでもOK。

「休日夜間の受付も保険証なきゃだめ?」、「救急外来でも保険証があれば病院で受付してくれる?」という方は少なくありません。 患者さんの保険証があるなら、時間外受付でも持っていきましょう。また、具合が悪くて探せる状態じゃなかったら、持っていなくても受付して診察してくれます。 緊急時の ‥‥

老人の医療費は1か月平均いくら?70歳以上の入院費は自費で前後する。

「老人は1か月入院したら大体いくら位の費用になるの?」、「老人の入院費平均を教えてほしい。」と聞かれることがあります。 高齢者の健康保険にも高額療養費があり、一般課税世帯の方は最大44,400円です。あとは食事代1食360円が最低限かかります。 医療費の限度額が決まっているので、 ‥‥

入院したら貸病衣と自分のパジャマどっちがいい?保険外の医療費です。

「入院するときの服装はパジャマがいいのかな。」、「病衣を借りたらお金がかかるけどいくらくらい?」と疑問に思われる方もいます。 入院中の患者さんは、パジャマより貸病衣の方がおすすめです。患者さんにとっても、病院職員にとっても、メリットが多くあります。 病衣代などレンタル料金のことや ‥‥

高額療養費の合算は限度額適用認定証でできる?還付手続きじゃない?

「他院での外来または入院と、合算しての限度額適用認定証の使用はできないのではないか?」 ということを以前、このブログの読者さんより質問を頂きました。 なるほど。高額療養費制度だけでも難しいのに、限度額適用認定証や合算、他院に入院外来、状況が複雑になると混乱しますよね。 今回は限度 ‥‥

当ブログのFacebookページもあります。