高額療養費の区分が決まる所得。社保は世帯主の月収、国保は世帯の年収。

高額療養費健康保険医療費区分所得社保世帯主国保世帯1

高額療養費の限度額には、5つの区分があること。区分ウなど、所得で決まることを以前書きました。

→高額療養費の限度額をまとめた一覧。5つの区分は所得によって変わる。はこちら

 

実は所得といっても、加入している健康保険によって、何を基準にするのかが違います。

  • 社会保険→世帯主の月収
  • 国民健康保険→世帯の年収

社保か国保で、月収か年収の大きな違いがあります。また、世帯主1人だけの月収なのか、2~3人など世帯全員の年収なのか、という所得を計算する対象の人数も変わってきます。

なのでこの記事では、高額療養費の区分が決まる「所得」をご説明していきます。

スポンサーリンク

社会保険は「世帯主の月収」で高額療養費制度の区分が決まる。

区分 社会保険は世帯主の月収
標準報酬月額83万円以上
標準報酬月額53万~79万円
標準報酬月額28万~50万円
標準報酬月額26万円以下
被保険者が市区町村民税の非課税者等

社会保険に加入されている患者さんは、「世帯主の月収」で高額療養費の区分が決まります。

会社の保険に自分で入ってたら、自分の収入(本人)。旦那さんの扶養になってたら旦那さんの収入。お父さんの家族になってたら、お父さんの収入。

本人、家族、扶養など、保険証に書かれている「本人の月収」です。

また、年収ならわかるけど月収が不明の方は、「年収÷12」をすると大体1か月いくら位なのか?わかります。(ボーナス2か月分なら、年収÷14など。ボーナスの月数をたしてください。)

年収の割り算でわかるのは、おおよその月収です。正確な所得、高額療養費の区分が知りたい患者さんは、限度額適用認定証を発行してもらうか、「標準報酬月額」を会社に確認してみてください。

住民税非課税世帯の方は市役所、町役場で、「私は非課税世帯です。」という証明書をもらわないと区分オにならないので、気を付けてください。

非課税証明書(課税証明書)がないまま手続きすると、社会保険は非課税世帯だとわからないので、区分ウの一般課税世帯として計算されます。

スポンサーリンク

国民健康保険は「世帯の年収」で高額療養費制度の区分が決まる。

区分 国民健康保険は世帯の年収
所得901万円以上
所得600万円~901万円
所得210万円~600万円
所得210万円以下(非課税世帯以外)
住民税非課税世帯

国民健康保険に加入されている患者さんは、「世帯の年収」で高額療養費の区分が決まります。

世帯の年収とは、国保に加入されている方、家族全員の年間所得を合わせた金額です。

世帯主は父。仕事は自営業。母はパート、娘はアルバイトだとします。メインで働いているのは父で、母と娘は月々の収入が少額であっても、3人分の合計金額になります。

国保は世帯の年収なので、家族合わせた年間所得がわからない場合は、区分が何になるのか、所得はいくらなのか確認してみてください。

 

高額療養費の区分が決まる所得額。社保と国保の基準まとめ。

区分 社会保険は世帯主の月収 国民健康保険は世帯の年収
標準報酬月額83万円以上 所得901万円以上
標準報酬月額53万~79万円 所得600万円~901万円
標準報酬月額28万~50万円 所得210万円~600万円
標準報酬月額26万円以下 所得210万円以下(非課税世帯以外)
被保険者が市区町村民税の非課税者等 住民税非課税世帯

高額療養費制度の区分は、所得で決まります。

  • 社会保険は世帯主の月収
  • 国民健康保険は世帯の年収

この所得は、加入されている健康保険によって、収入の見方が違います。

「社会保険なのか、国民健康保険なのか、そこからわからない。」という方は、こちらの記事をご覧ください。社保か国保かをどこを見たらいいのか、簡単な見分け方を解説しています。

→健康保険の種類とは?社会保険と国民健康保険の簡単な見分け方。はこちら

 

高額療養費制度については別の記事でまとめてありますので、参考になれば幸いです。

→健康保険の「高額療養費制度」について詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告



高額療養費健康保険医療費区分所得社保世帯主国保世帯1



保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。