初診時特定療養費ってなに?保険証使えないのに支払わなきゃだめ?

「初診時特定療養費ってなに?」、「大きい病院にはじめてかかったら、自費のお金払わされた。」という方にお答えします。

特定療養費は大きい病院で初診のときにかかる保険証が使えないお金です。

初診時特定療養費とはなに?

ベッド数が200床以上の病院に初診で、外来受診したときにかかるお金を、初診時特定療養費といいます。

「小さいクリニックと大きな病院の役割分担をしよう!」と国の制度です。

病院の外来患者さんを減らすために、症状だけでは病気がわからない患者さんや、軽い風邪などはクリニックにお任せする。

診察してみて精密検査や手術などが、必要な患者さんだけ、大きい病院にかかってください。というものです。

結果的に病院で混雑が減って、患者さんも診察や会計など、待ち時間が短くなります。

なので、クリニックや別の病院からもらった、紹介状を持っていくと初診でもかからないお金です。

スポンサーリンク

診察代のほかに「自費」で支払い。

特定療養費は健康保険を使わないので、病院が独自で設定した金額になります。

○○円と決まってなくて病院によって、500円~10,800円までバラバラです。

ちなみに、近畿大学医学部付属病院が10,800円の最高額です。

 

紹介状がなくても特定療養費を支払わないとき

  • 紹介状を出したとき
  • 救急車で運ばれたとき
  • 生保(生活保護)
  • 労災保険(仕事中のケガ、病気)
  • 自賠責保険(交通事故)

紹介状がなくても特定療養費がかからないこともあります。

主に救急車を呼ぶ状態のときは、違う病院に行ってる場合じゃないので、かかりません。

また、生保や労災、自賠責の患者さんは初診でもかからないものです。

 

乳幼児やひとり親の患者さんも540円と特定療養費になる。

3歳未満のこどもや、ひとり親家庭の「○初」の患者さんは、通常どこでも初診のときは540円だけです。

しかし特定療養費は保険は使えないので、自費で540円にプラスされます。

「おかしい!」とよく言われますがこれも国が決めたことなんです。

 

診察券を持ってても初診なら特定療養費はかかる。

「風邪ひいたとき行った病院に1か月後、背中がかゆいから診てもらおう。」ということがあります。

初診と再診は3か月が境界線と言われ、1か月だとまだ再診と認識されがちです。

ですが、状況によって風邪など、数週間で治るような病気の場合は、1か月でも期間が開くと初診になります。

会計をする事務の判断になりますが、初診になれば特定療養費はかかります。

 

紹介状を持参して病院に行くか、特定療養費を自費で支払うか、いくら違うのか比べた記事があります。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です