病院受診しても処方薬が健康保険対象外へ。風邪薬や花粉症、軟膏など。

スポンサーリンク


「風邪薬や花粉症、湿布、軟膏など、一部の薬を健康保険適用外にする」考えが政府から発表されました。

病院を受診して、医師の診察を受けても、市販薬で似たような効果があって代用代替できる薬(市販類似薬)は、保険対象外にする。風邪薬や花粉症、湿布、皮膚保湿剤(軟膏など)、漢方薬など、これらは「軽症だから」とのこと。

日本には、国民皆保険制度という、安心して医療を受けられるようにするための制度があります。ですが、薬が保険対象外になっては、安心して医療を受けられないです。

この市販類似薬の保険対象外には、「軽症と判断して病院受診せず、重症化する恐れがある。」と日本医師会は反対しています。

このページでは、「市販類似薬の保険対象外」速報をお届けします。安心して病院受診するために、薬の健康保険適用の重要性も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

病院受診しても処方薬が健康保険対象外へ。

今日、「市販類似薬は保険対象外 病院処方の風邪薬など 医療費抑制へ政府調整」というニュースがヤフーニュースに掲載されました。

→【Yahoo!ニュース】市販類似薬は保険対象外 病院処方の風邪薬など 医療費抑制へ政府調整はこちら

 

内容をわかりやすい言葉でいうと、「市販薬で似たような薬があれば、薬代が自費になる。」ということです。

薬代が保険対象外。10割負担の「自費」です。

通常、病院を受診して、医師の診察を受けて、薬を処方してもらったら、健康保険が適用されて医療費が3割負担になります。ですが、病院受診して医師に処方せんを発行してもらっても、薬代は10割負担になるんです。

今回、健康保険対象外の薬は、風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬など、「軽症薬」としています。

政府の言い分としては、「ドラッグストアなど市販で薬を買えば、患者さんの全額自己負担になる。風邪など軽症にも関わらず、病院受診して3割負担にしようとするから。」とのことです。

医療費抑制のためとはいえ、別のやり方はないものでしょうか。

スポンサーリンク

安心して医療を受けられるように健康保険に強制加入させられているはずなのに!

では、私たち日本国民は、なぜ「健康保険」に加入しているのでしょうか。

そもそも、日本には【国民皆保険制度】というものがあります。

【国民皆保険制度】

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。

引用元:コトバンク

【国民皆保険制度】は、病気や怪我のときに、安心して医療を受けられるようにする制度なんです。だから私たち、日本国民は、国民健康保険や社会保険など、何かしらの健康保険に加入しています。なのに、

  • 風邪ひいて病院に行ったら、風邪薬は保険対象外です。
  • 花粉症で受診したら、花粉症治療薬は自費です。
  • かゆいところがあって皮膚科にかかったら、軟膏は健康保険使えません。

国民皆保険制度は、安心して医療を受けられるようにする制度のはずなのに、「薬は健康保険使えない。」と思うと、安心して医療を受けられませんよね。

また、この国民皆保険制度は、国民全員が何かしらの健康保険に強制加入させられる制度でもあります。

私たちは、健康保険に強制加入させられ、健康保険料を支払っています。なのに、なぜ、安心して医療を受けられず、薬代を全額自己負担しなければならないのでしょうか。

私個人的には、以前から疑問に思っていましたが、いよいよ本格的に「健康保険に加入する」意味がわからなくなってきました。

 

「市販類似薬が健康保険適用外にする」ことはまだ決定事項ではない。

風邪薬や花粉症の薬、湿布、皮膚保湿剤、漢方薬など、市販類似薬が保険対象外になることは、まだ正式に決まったわけではありません。

「市販類似薬を保険対象外にしたい」と政府が言っているだけです。

日本医師会は、「軽い症状だからと、病院受診しなかったら、重症化する可能性がある。」と、市販類似薬の保険対象外を反対しています。

私も日本医師会と同意見で反対です。

熱が出て風邪だと思っていたら、インフルエンザかもしれない。

早めに受診すれば3日で治った風邪も、長引いて肺炎へと悪化するかもしれない。

腹痛の原因が盲腸だったら、悪化して腹膜炎になることもあります。

頭痛は、もしかしたら脳梗塞の症状かもしれません。

胃がムカムカするのは、胃がんかもしれない。

早めに受診していれば、癌も難病も早期発見できるのに、病院受診したとき手遅れということも考えられます。

ひとつひとつは軽症かもしれません。ですが、患者さんとしては、軽症か重症か、わからない。「もし大きな病気だったらどうしよう?」と心配。だから医師に相談したい。医師に診てもらいたいんですよね。

「お近くのお医者さんに相談してください。」など、CMも流れているのに、「3割負担になるから、軽い症状なのに病院受診する。薬代は保険対象外にする。」というのは、いかがなものでしょうか。

私は「市販類似薬の保険対象外」が中止になるよう祈っています。

「市販類似薬の保険対象外」の続報がわかりましたら、またお知らせします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。