保険証が手続き中で手元にないとき3割負担で病院に受診する方法!

「保険証申請中で届いてないから病院へいけない。」、「転職して働き始めたばかりだから、保険証はまだできてない。」という方へ。

手元に保険証がなくても保険適用の3割負担でお会計することができます。

この記事では、保険証の手続き中でも、書類で健康保険を使う方法をご説明します。

スポンサーリンク

保険証の申請中でまだ届いてない。病院に行ったら10割負担になる?

保険証を申請中のときは、まだ手元にないというだけ。日付的には既に健康保険に加入しています。

病気やケガは予定してなるものではありません。

風邪をひいたり転んで手足を痛めて突然病院に行きたい状況になったとき「保険証がないと病院に行けない」と思われる方がいます。

保険証は手続き中であれば既に健康保険に加入してるので、病院に行っても3割負担にすることができます。

スポンサーリンク

新しく加入した健康保険の書類があれば3割負担で支払える。

健康保険とは働き始めた1日目から使えるものなので保険証がなくても3割負担にできます。

保険証は会社に勤めだすと、1週間~2週間程度でカード形式やハガキサイズなどの実物ができて、本人に渡されます。

保険証が手元に届くまでの1~2週間に病院受診をしたいというときは、「○月○日から健康保険に加入してますよ。原本がまだできてないだけです。」という保険証の代わりになる書類があります。

通常、保険証にある記号や番号など健康保険に請求するときに病院が知りたいことが内容として書かれてます。

  • 〇月〇日から健康保険に加入していることの証明。
  • 病院から健康保険へ、医療費の請求に必要なこと。

病院にとって必要な書いてあるので、正式な保険証ではないけれど、健康保険を適用させた3割負担でお会計ができます。

なので、保険証が届いたら次の診察日でも事務に見せるのが一般的な流れです。

「健康保険被保険者資格証明書」という名前の書類で、会社の人事課や総務課など、健康保険の手続きをしてる部署にお願いするともらえます。

 

とりあえず保険証が届くまで会計保留にしてもらうこともできます。

会社の本社が遠方にある場合、2週間ほど前から働いてるときは、書類の手続きをしないで会計保留のほうがおすすめです。

健康保険に加入している証明書類の到着までに、数日、時間がかかることがあります。また、勤務開始から既に2週間ほど時間が経っているなら、書類と保険証がほぼ同時に届いて書類の意味がなくなります。

もし保険証がもらえる日がわからなければ、会社の健康保険担当者さんに確認すると、実物が手元に届く大体の日付を教えてくれることがあります。

保険証と書類のすれ違いを避けるために、残り日数次第で書類をもらうか判断しても遅くないです。

 

「もうすぐ保険証が届くはず・・・。」、「あと2~3日くらいで保険証の原本ができるっていわれた。」など。健康保険に加入している証明書類を発行しない場合は、病院窓口で会計を保留にしてもらいましょう。

どのくらいで保険証ができるのか、もう送ってるからもうそろそろ届く頃など。事情を病院の受付に話して保険証の提示を待ってもらいます。

病院の事務員も、保険証の到着まで時間がかかることはわかっています。なので、病院受診日はお支払いはしないで健康保険証が届いてから、3割負担で支払いたいことを伝えましょう。

その代わり、会計保留にした病院代は、保険証が手元に届き次第、お早目にお支払いをお願いします。

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。