【医療費改定2016】初診料・再診料は同じ料金。大病院は特定療養費有。

「平成28年度の診療報酬改定で診察代は変わるの?」、「初診料や再診料は4月から値上がりする?」、という方にお教えします。

初診と再診の診察料金はいままで通りです。500床以上の大病院を受診するときは自費で、1,500円~5,000円がかかるようになります。今回は初診料、再診料と特定療養費について、詳しく解説します。

スポンサーリンク

今年は医療費が見直される年で4月からの料金を気にされている方も多いです。

病院を受診するときに、初診料か再診料が最低限かかります。『診察料』は変わるのか?値上げならいくらになるのか?調べたところ、2月10日の最終段階では特に変わりません。

  • 初診料、282点
  • 再診料、72点
  • 外来診療料、73点

で、現在と同じ値段(点数)になります。外来診療料は入院ベッド数が200床以上ある病院に再診で外来受診したときの料金のことです。

スポンサーリンク

200床以上の病院は自費の初診時特定療養費がかかります。

入院ベッド数が200床以上の病院では初診のときに「特定療養費」という健康保険対象外の料金が発生します。地域医療の一環で診療所などで診察して、精密検査や手術などの治療が必要な場合は大きい病院に行くように順序付けられている制度です。

病院から請求される条件は、紹介状を持っていなかったり、救急の患者さんでもない場合です。入院ベッド数など不明な場合は行く前に電話して聞いてみた方が無難です。それか、入院がない外来診療だけの病院・クリニックに行くと初診料だけになります。

初診時特定療養費について詳しくは別の記事に書いていますので参考までにご覧ください。

→保険適用外の料金『初診時特定療養費』について詳細はこちら

 

500床以上の病院は健康保険外の5,000円がかかります。

今年3月までは200床以上の病院でひとくくりにされていましたが、2016年4月から500床以上の病院には別料金ができます。

200床以上の病院でいう初診時特定療養費と同じ条件で、紹介状なしで大病院を受診した患者さんです。200床以上と500床以上の違いは初診に限らず再診の場合にも自費がかかります。

入院ベッド数が500床以上の病院で大学病院や総合病院などが対象です。内科や外科など医科の初診で5,000円、再診で2,500円。歯科の初診で3,000円、再診で1,500円です。

500床以上の大病院でかかる特定療養費(5,000円など)については別ページで解説しています。詳しい条件など確認しておくと余計なお金を支払わなくてよくなります。

→紹介状なしの大病院を受診時5,000円定額負担。はこちら

 

平成28年(2016年)4月から変わる医療費(診療報酬)の情報は随時更新しています。病院に行く前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

→平成28年4月~変更になる医療費の最新情報はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です