高額療養費まとめ。限度額適用認定証や回数、計算、合算など。

医療費が高いときは、健康保険の「高額療養費制度」を使えます。

所得によって患者さんが負担する金額が決まっています。また、制度の利用回数が4回目以上になると、更に病院代が安くなります。

事前に高額療養費の手続きする『限度額適用認定証』は、2017年では入院だけでなく、外来も対象です。3割負担の限度額を超えた医療費を、負担しなくてもよくなりました。

と、簡単に書いていても医療関係は難しく感じるものです。

なので、制度全体的なことから、回数や計算方法、申請書の書き方、合算など、高額療養費や限度額適用認定証について、解説した記事を集めました。

スポンサーリンク

 高額療養費の制度や申請書の書き方について

高額療養費の制度についてはこちら

↓↓テーマ【高額療養費の適用対象】

 

↓↓テーマ【高額療養費の回数】

 

↓↓テーマ【高額療養費の計算】

 

↓↓テーマ【高額療養費の申請手段】

 

↓↓テーマ【高額療養費・限度額適用認定証は何か所まで?】

 

↓↓テーマ【高額療養費制度について

 

↓↓テーマ【高齢者の高額療養費

スポンサーリンク

↓↓テーマ【限度額適用認定証の申請場所】

 

↓↓テーマ【限度額適用認定証の有効期限】

 

↓↓テーマ【限度額適用認定証が貰えない】

 

↓↓テーマ【入院中の限度額適用認定証の申請】

 

↓↓テーマ【限度額適用認定証を病院に出す時】

 

↓↓テーマ【高額療養費の申請する時】

  • 年末に緊急入院、手術。限度額適用認定証の手続きをした方がいい?

 

↓↓テーマ【国民健康保険(国保)】

 

↓↓テーマ【全国健康保険協会】

スポンサーリンク

高額療養費の申請用紙の記入例はこちら

 

高額療養費、限度額適用認定証についての疑問をすべて解決できるように更新しています。あなたのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。