病院2か所の医療費を安くしたい。高額療養費の対象になる条件2つ。

スポンサーリンク


総合病院など大きい病院から、クリニックなど小さい個人病院まで、1か月に複数の病院を受診する患者さんは多いです。

すると、「病院1か所あたりの医療費は、高額療養費の限度額までかからないけど、2か所や3か所、全部合計すると高額療養費の対象になる」ということはありませんか?

高額療養費は基本的にひとつの病院で、1か月に限度額を超えたか、どうか?で考えます。限度額適用認定証も、病院ごとで限度額の計算をします。

ですが、2か所以上の病院代を合計しても、高額療養費の対象として申請できる場合があるのです。

このページでは、2か所以上の病院でかかった医療費をまとめて高額療養費の対象になる条件をご説明します。

スポンサーリンク

複数の病院代をまとめて高額療養費の申請ができます。

通常、高額療養費は、病院1か所で、1か月の限度額を超えたら使えますよ。という制度です。なので、同じ病院と認識がされている患者さんが多いです。

ですが、高額療養費は、病院が2か所以上になっても、合計で限度額までの医療費にすることができます。

眼科や整形外科、内科、泌尿器科、皮膚科、外科、歯医者(歯科)など、受診する診療科が違っても大丈夫。

総合病院や大学病院のような大きい病院から、診療所やクリニックのような個人病院まで、病院の規模も関係ありません。

A総合病院に入院したときの医療費と、B皮膚科で治療した医療費、C耳鼻咽喉科で検査したときの医療費など、複数の病院代を合わせて、高額療養費を使えるのです。合算するともいいます。)

スポンサーリンク

2か所以上の医療費を合算できるの条件「病院1か所21,000円以上、合計が限度額以上」

高額療養費合算1-1

診療科や病院の規模は関係ないと、上記だけだと無条件のように思えます。しかし、2か所以上の病院代をまとめて高額療養費の申請をするには2点だけ条件があります。それは、

  • 病院1か所の医療費が21,000円以上になっていること。
  • 複数の病院で医療費の合計が、高額療養費の区分による限度額以上になっていること。

です。

 

  • A総合病院で医療費21,000円
  • B皮膚科医院で医療費21,000円
  • C耳鼻科診療所で医療費21,000円
  • D眼科クリニックで医療費21,000円
  • E整形外科で医療費21,000円

たとえば、各病院での医療費は「21,000円」でした。病院1か所ずつでみると、一般課税世帯「区分ウ」の限度額(80,100円)を越えていません。なので、病院1か所では高額療養費の対象外になります。

しかし、病院5か所全部の医療費を合計すると、105,000円になります。高額療養費の合算条件に該当するので、高額療養費の対象になるのです。

高額療養費の合算できる条件は「病院1か所が21,000円以上であること。合計が区分の限度額以上であること。」です。この2点がクリアできていれば、複数の病院代をまとめて、健康保険に高額療養費申請できます。

↑この区分の限度額以上は、患者さんや家族の収入、所得によって区分が決まります。高額療養費の区分について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

→高額療養費の限度額をまとめた一覧。5つの区分は所得によって変わる。はこちら

 

医療費を合算して高額療養費申請するには還付手続きです。

2か所以上の病院代を合計して高額療養費を適用させるには、還付申請になります。※還付手続きは、各病院に一度3割負担で支払いをして、2~3か月後に高額分を返金してもらう方法です。

限度額適用認定証は、病院1か所で限度額以上になった時しか使えません。「他の病院で80,100円以上支払った」など、領収証で証明できてもできません。「限度額適用認定証で合算できない」と、厚生労働省が決めていることです。

1か月の医療費が3割負担で105,000円だった時、患者さんの自己負担額は80,930円になります。高額療養費の還付申請をすると、24,070円も健康保険から払い戻しされます。

病院1か所では高額療養費の適用外でも、21,000円以上の病院や調剤薬局を合わせて、区分の限度額を超えるなら高額療養費の対象になります。

還付手続きをしたら、最終的に患者さんの医療費は安くなるので、申請してみてはいかがでしょうか。高額療養費の4回目からは更に限度額が減りますよ。

→高額療養費の還付申請(償還払い)とは?3割負担して高額分を戻す方法。はこちら

 

外来費と入院費の合わせて、高額療養費の申請する場合は、こちらの記事に書いてあります。

→高額療養費は外来と入院で使える?合算ができる条件は?はこちら

 

高額療養費制度の記事は、区分や回数など他にもご用意してます。参考になれば幸いです。

→高額療養費まとめ。限度額適用認定証や回数、計算、合算など。はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。