病院2か所の医療費を安くしたい。高額療養費の対象になる条件2つ。

「病院1か所ずつの医療費が高額にならない。全部足せば80,100円以上になるのになぁ・・・。」、「複数の病院にかかっていて高額療養費を使いたい。」という方も少なくないです。

病院や調剤薬局の1か所あたりが21,000円以上で、合計80,100円を超えていれば高額療養費を適用できます。

2か所以上の病院で高額療養費制度を使いたい場合、条件の確認や、申請方法をご案内します。

スポンサーリンク

高額療養費は病院の医療費を合計できます。

「80,100円以上になったら高額療養費が使えますよ。」と病院の職員から説明されます。1か所の医療機関ずつで計算すると思われる患者さんが多いです。

実は、2か所以上で病院が複数になっても、高額療養費を使うことができます。

眼科と整形外科、内科と泌尿器科、皮膚科と外科など。総合病院に限らず、診療所やクリニックの医療費も合わせて計算するのです。

 

  • 病院1か所あたりの医療費が21,000円以上であること。
  • 2か所でも3か所でも、合計が限度額を超えていること。

1か所の病院で医療費が21,000円以上、更に複数の医療機関で支払った領収証合計が80,100円以上になっていること、です。

また、80,100円以上という限度額は一般課税世帯である「区分ウ」の金額です。区分は各世帯の所得によって、異なりますので参考金額としてご覧ください。

スポンサーリンク

高額療養費の対象条件。「病院1か所21,000円、医療費合計80,100円」

高額療養費合算1-1

↑上の説明だけではわかりにくい、という方のために、「高額療養費の対象、合算の条件について」、図を使ってご説明します。

住民税を支払っている一般世帯でご案内しますね。課税世帯は高額療養費の「区分ウ」になります。区分ウの限度額は80,100円になります。では、例を出してご案内しますので、一緒に想像してみてください。

 

  • A総合病院で医療費21,000円
  • B皮膚科医院で医療費21,000円
  • C耳鼻科診療所で医療費21,000円
  • D眼科クリニックで医療費21,000円
  • E整形外科で医療費21,000円

各医療機関での病院代は「21,000円」でした。単体でみると限度額の基準となる80,100円を越えていないので、高額療養費制度は対象外になります。

しかし、5か所全部の病院を足したら、105,000円の医療費のため、合計すると高額療養費の対象になるのです。

 

「病院1か所が21,000円以上であること。合計が80,100円以上であること。」が条件なので、上でご説明した例は高額療養費の対象となります。

 

たとえば、2か所や3か所でも考え方は同じで、金額がバラバラでも大丈夫です。

  • A病院40,000円+B病院40,100円=合計80,100円、◎。
  • C病院25,000円+D病院60,000円=85,000円、◎。
  • E病院23,000円+F病院30,000円+G病院29,000円=82,000円、◎。

↑3つ事例を出しましたが、全て高額療養費の対象になります。1か所21,000円以上で合計80,100円以上です。

 

  • H病院20,000円+I病院65,000円=85,000円、×。←H病院が21,000円未満。
  • J病院15,000円+K病院80,000円=95,000円、×。←J病院が21,000円未満。
  • L病院26,000円+M病院26,000円+N病院=78,000円、×。←合計金額が80,100円未満。

↑3つ事例を出しましたが、今度は全て高額療養費の対象外です。1か所あたりが21,000円より少ない、それか、合計金額が区分ウの限度額80,100円に達していない。

 

  • O病院70,000円+P病院80,000円+Q病院20,000円=170,000円。

↑上で提示した3か所の病院の場合、Q病院は21,000円未満なので、除外されます。ですが、O病院とP病院では合計が150,000円なので、2か所が高額療養費の対象になります。

 

まず確認することは、病院や調剤薬局ごとに領収証を分けて、1か月の合計金額を計算する。21,000円以上なら第一条件クリアです。

次に、21,000円を超えた病院と調剤薬局で支払った料金を計算します。合計が限度額の80,100円以上になれば、高額療養費を適用できます。

※80,100円は一般課税世帯の区分ウの限度額です。住民税非課税世帯などの低所得者や、収入が多い上位所得者は、区分が変わり限度額も異なります。

 

医療費合計を高額療養費の適用申請は還付手続きです。

高額療養費の限度額適用認定証は、病院1か所で80,100円以上になった時の手続き方法です。

2か所以上、複数の病院医療費を足して手続きする時は、高額療養費の還付手続きになります。各病院に一度3割負担で支払いをして、2~3か月後に高額分を返金してもらう方法です。

1か月の医療費が105,000円だった時は、患者さん負担は80,930円になります。高額療養費の申請をすると、24,070円も健康保険から戻ってきます。

病院1か所では適用外ですが、21,000円以上の病院や調剤薬局を合わせて、80,100円以上なら対象になります。高額療養費の手続きをしたら、最終的な医療費は安くなるので、申請してみてはいかがでしょうか。

 

高額療養費の合算は別の記事にも書いてあります。外来と入院についてはこちら。

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です