高額療養費の還付手続き(償還払い)3割負担して高額分を戻す方法。

「医療費が高くなったら一度3割で支払えば、あとで高額分が戻ってくるってほんと?」、「多く支払って分を返してもらう、やり方ってどうしたらいいの?」とお困りの方もいます。

「高額療養費の還付手続き、償還払い」という方法を使えば、お金を返してもらえます。

還付手続きの流れや返金される医療費、申請に必要な物や方法について、まとめました。

スポンサーリンク

医療費の3割分を支払って高額分が戻ってくる流れ。

高額療養費制度の手続きのひとつに、「還付手続き(償還払い)」という方法があります。

「病院に多く支払った分を健康保険が負担します。」という制度で、申請をすれば所得区分によって返金額が決まります。

1.患者さんは医療費の3割分を一度病院に支払う。

2.患者さんが病院から、3割負担をした医療費の領収証もらう。

3.保険証を出してるところで、患者さんが高額療養費の手続きをする。

4.健康保険から患者さんへ、医療費の高額分が返ってくる!

という流れで、余計に支払った医療費が患者さんの元に返金されます。

スポンサーリンク

300,000円の支払いなら212,570円が高額分として返金されます。

「多く支払った分が戻ってくる」、「高額分を返してもらえる」、とはいえ、いくら返金されるのか?よくわからない方も少なくないです。そこで、実際に数字を当てはめて、ご説明します。

たとえば、患者さんが病院窓口で医療費の合計は300,000円、と言われたとします。

10割の医療費が1,000,000円の場合、健康保険が負担する7割は700,000円、患者さんの3割負担は300,000円になります。

住民税を支払っている一般世帯だったら、高額療養費制度の区分ウになります。※区分は年収など所得によって、世帯で変わります。

一般課税世帯の区分ウで高額療養費の計算をすると、300,000円の医療費が87,430円になります。

300,000円→87,430円=212,570円。

区分ウの一般世帯であれば、差額212,570円が高額分になります。

高額療養費の還付手続きをすることによって、多く支払っている分を健康保険から、患者さんの元に戻してもらえます。

一度300,000円を病院に支払って、2~3か月後に限度額を超えた212,570円が健康保険から振り込まれます。

実質的に患者さんが負担する医療費は、87,430円になります。

 

高額分を返金してもらう還付手続き(償還払い)の方法。

高額療養費の還付手続きに必要なものは3つあります。

  • 患者さん本人の健康保険証
  • 患者さんの名字と同じ印鑑
  • 病院で3割負担をした時の領収証

↑上に書いてある3つを用意します。

保険証は国民健康保険や社会保険、どんな健康保険でも必ず必要です。協会けんぽ、組合、共済など、種類に関係ありません。

印鑑は患者さんと名字が同じ判子です。拇印は健康保険によっては受理されることがあります。

領収証は健康保険によって必要ないことがあります。ですが、「高額分はいくら戻ってくるか?」、「○月○日に病院で3割負担をしました。」など、領収証があればわかるのに・・・ということもあります。医療費の領収証は控えとして念のため保管しておきましょう。

特に、「支払ったか?支払っていないか?」では決定的な証拠になります。還付手続きは一度病院窓口で3割負担をしていることが条件です。一部でも未納状態であれば、申請をしても健康保険で高額療養費の処理をしてもらえません。

なので、「○月○日、△△病院に、いくらいくら支払いました。」という証明をできます。病院にも記録されていますが、古い日付だと、不明確なこともあります。「パソコンのデータがあと1,000円となっています。」←健康保険から病院に問い合わせがきて、未払いがある回答をされたらお金は返ってきません。

患者さんはちゃんと満額で医療費を支払っているので、未払い扱いにされないように、「領収証」という形で保管しておきましょう。

 

高額療養費の還付手続きをする場所は保険証の発行元です。

高額療養費制度の還付手続きや償還払いは、保険証をもらった場所で申請できます。

国民健康保険なら市役所、町役場。社会保険なら会社、職場。勤務先の人事課や総務課など健康保険の加入処理をしている事務担当の方に聞くとわかります。

もしも、わからなかったら「保険者」というところにお問い合わせしてみてください。保険者は加入している健康保険の名称で、保険証に「保険者」、「保険者住所」などと書かれています。

保険証、印鑑、領収証を準備して、手続きしてに行ってください。

 

健康保険や高額療養費、医療費について、ご不明な点があれば、メール相談を受け付けています。

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です