高額療養費の還付申請(償還払い)とは?3割負担して高額分を戻す方法。

医療費高額療養費健康保険還付手続き償還払い3割負担申請1

高額療養費は、病院で限度額以上お支払いした場合に、払い戻ししてもらう「還付手続き、償還払い」があります。

高額療養費の分も含めた3割負担の医療費を一度病院でお支払いします。後日「還付手続き」という書類をだすことで、病院で払い過ぎた高額分を健康保険から返金してもらえる制度です。

この記事では、高額療養費の還付手続き、償還払いとはなに?ということを解説しています。

スポンサーリンク

医療費の3割分を支払って高額分が戻ってくる「高額療養費の還付手続き」

医療費高額療養費健康保険還付手続き償還払い3割負担申請1

高額療養費の「還付手続き(償還払い)」は、高額分も含めた3割負担の医療費を一度病院にお支払いして、あとで健康保険から高額分を払い戻してもらう制度です。

たとえば、患者さんの医療費が3割負担で「300,000円」。高額療養費が一般課税世帯の「区分ウ」だった場合。

高額療養費を使うと、患者さんが負担する病院代は、1か月87,430円までになります。また、300,000円から差し引いた残りの212,570円は、健康保険の高額療養費で負担してくれます。

※患者さん、87,430円 + 健康保険、212,570円 = 3割負担、300,000円。

高額療養費の還付手続きを使うことで、一時的に病院で300,000円をお支払いしたとしても、限度額を超えた212,570円を健康保険から返金してもらって、患者さんの負担する医療費は、87,430円にすることができます。

病院で3割負担でお支払い、300,000円。→健康保険から高額分の払い戻し、-212,570円。→患者さんが実際に支払った金額、87,430円。(300,000円-212,570円=87,430円)

つまり、高額療養費の「還付手続き」は、多く支払った分を返してもらうことです。

高額療養費の区分は、こちらの記事を参照ください。

→高額療養費の限度額を区分別にまとめた一覧。はこちら

 

高額療養費の計算方法は、こちらの記事を参照ください。

→高額療養費の限度額をだす計算の仕方はこちら

スポンサーリンク

還付手続きは後で高額療養費の申請をする方法です。

高額療養費には、先に申請する「限度額適用認定証」と、後で申請する「還付手続き」の2種類があります。

医療費は検査をしたりレントゲンを撮って、患者さんの病気を調べるうちに膨らんでしまいます。そして、病名がわかり診断されたら、次は薬や点滴、手術など治療へと進みます。通常、患者さんは病院の会計窓口で、3割負担で医療費をお支払いします。

  • 「30、、、30万円!?まさかこんなに医療費が高くなるとは思わなかった・・・。」
  • 「高額療養費制度のこと、限度額適用認定証のことは知ってたけど、3割負担だし限度額までいかないと思ってた。」

などのときに、高額療養費を後で手続きする方法が「還付手続き、償還払い」です。

この還付手続きをすることで、限度額を超えた212,570円が高額療養費として、健康保険から払い戻してもらえます。

高額療養費の還付申請には、保険証、印鑑、領収証が必要です。還付手続きをする場所など詳しい方法は、こちらの記事で解説しています。参考としてご覧になってみてください。

→高額療養費の還付申請する方法。必要なものから手続きする場所まで。はこちら

 

先に高額療養費の手続きをすると病院で限度額までのお支払いにできます。

貯蓄や収入など、金銭的に余裕がない患者さんは、「限度額適用認定証」の申請をしておくとお財布が楽になります。

実際には、病院に行った初日に、検査してレントゲン撮って、薬、点滴、手術と治療まで進むことは少ないです。

  1. 外来で病院に行った初日に検査をしてみる。レントゲンなど撮ってみる。
  2. 翌週、検査とレントゲンの結果をきく。病名、診断を医師から聞いて、治療方針を考え決定する。
  3. 次回から入院して手術したり、本格的な治療を始める。

このようにいきなり治療が始まることはありません。患者さんの病気を調べてから、病気を治す治療をします。

また、外来で検査やレントゲンをしても、1日で8万円を超えることは考えにくいです。※低所得者の住民税非課税世帯の区分ですと、検査内容によっては3万円くらいもありえます。

なので、高額療養費の限度額になるまで時間がある場合は、「限度額適用認定証」を事前に手続きしておくことをおすすめします。

限度額適用認定証があれば、限度額を超えた212,570円を高額療養費として、病院の会計窓口で差し引いてくれます。患者さんのお支払いは、必要最低限の医療費だけです。詳しくは、こちらの記事でご説明してあります。

→高額療養費の限度額適用認定証。事前申請して安い料金で支払う方法。はこちら

 

高額療養費制度については、別の記事でまとめてありますので、参考になれば幸いです。

→健康保険の「高額療養費制度」について詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告



医療費高額療養費健康保険還付手続き償還払い3割負担申請1



保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。