高額療養費ってなに?医療費を安くする制度のこと。

「高額療養費ってなに?」、「医療費が安くなるって聞いたんだけどほんと?」という方にお答えします。

外来や入院、病院で支払う高い医療費を健康保険が負担する制度です。

以下で、健康保険の「高額療養費制度」について、わかりやすく解説します。

スポンサーリンク

高額療養費制度とは?健康保険加入者なら全員使える国の制度です。

「医療費が高くなるかもしれないから、高額療養費の手続きしてください。」、「高額療養費っていう制度があるから使うといいですよ。」と、病院の受付事務や入院の担当者に言われたことがあるでしょう。

『高額療養費は基準を超えた患者さんに、高額になった分の医療費を健康保険が補助しますよ。』という国の制度です。

日本には国民健康保険と社会保険の2種類の健康保険があります。高額療養費制度は共通なので、誰でも対象になれば受けられるのです。

スポンサーリンク

高額療養費制度はどのくらい安くなるの?

例えば、医療費が3割負担で300,000円だったとします。貯金があまりなく収入も少ないと、一般的に考えて支払いが難しいです。

そこで、高額療養費制度を使うと、300,000円→87,430円まで医療費を抑えることができます。

書類を書いたり申請が面倒ですけど、差額212,570円はかなり大金ですね。

高額療養費の手続きを何もしなかったら、200,000円以上も多く支払わなきゃいけませんが、健康保険が病院に支払ってくれます。

紙に名前や住所、保険証のことなど書くだけで、多額になりますので、ぜひ活用したい制度です。

高額療養費制度は所得や世帯などの条件で、いくら安くなるのか?変わります。高額療養費制度については別の記事でまとめてありますので、参考にしてみてください。

→健康保険の「高額療養費制度」について詳細はこちら

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です