保険証の発行機関や番号って何?書類にはどれを記入すれば良い?

「書類に保険証情報の記入欄があるけどわからない。」、「発行機関や記号番号、保険者番号は健康保険証のどこのこと?」というお困りの方にお教えします。

発行機関や保険者番号はすべて保険証に載っています。全国健康保険協会の保険証を見本にして、ご説明します。

スポンサーリンク

発行機関?保険者番号?健康保険証のどれを書けばいいの?

全国健康保険協会協会けんぽ保険証例本人(被保険者)

書類に発行機関や保険者番号の記入欄があっても、病院に提示するだけだし、見慣れていないので、わからなくて当然です。なので、私がわかりやすくご説明します。

中小企業など社員が少ない会社の健康保険が「全国健康保険協会(協会けんぽ)」といいます。日本のサラリーマンで一番多い社会保険です。青いカード型の保険証ですね。

当ブログではできるだけ多くの方が理解できるように、加入者数最多の協会けんぽの健康保険証を、見本例に使用しています。

あなたの健康保険証を手元に用意して、照らし合わせながら、ゆっくり落ち着いて書いてくださいね。不安なら鉛筆で下書きすると間違っても消せるので安心です。

スポンサーリンク

発行機関とは保険者名称のこと。全国健康保険協会○○支部など。

発行機関とは「加入している健康保険は何か?」ということです。健康保険証の下にあり、「保険者名称」と書かれていることが多いです。

協会けんぽであれば「全国健康保険協会 ○○支部」になります。全国健康保険協会は各都道府県ごとに分かれていて「北海道支部」「東京支部」と名前がついています。○○支部までが保険者名称なので、書き漏れがないようにしましょう。

ほかにも組合や共済も保険証に載っている保険者名称の通りに書きます。(例:○○健康保険組合→JFE健康保険組合、人材派遣健康保険組合、○○共済組合→文部科学省共済組合、地方職員共済組合)

全国健康保険協会に限らず、保険者名称に「○○支部」がついていたら、全て書きます。

 

保険者番号とは健康保険の番号8ケタのこと。(国民健康保険は6ケタ)

保険者番号とは「加入している健康保険の番号」です。保険証にある「保険者番号」をそのまま書くだけになります。全国健康保険協会なら「01010011」のところです。

社会保険の場合は8桁の数字でできています。協会けんぽ、組合、共済、警察、自衛隊、全員8ケタです。

全国健康保険協会は「01」、健康保険組合は「06」、共済組合は「31、32、33、34」で始まる番号があります。

国民健康保険の場合は6桁の数字です。市町村や職業は関係ありません。全国どこでも6ケタです。

保険者名称の近くに必ず記載があるので、見ながら書きます。

 

記号・番号とはひとりひとりに健康保険から割り当てられた番号のこと。

記号と番号は「加入している健康保険の番号」です。簡単にいうと「ポイントカードなどの会員番号」のようなもの。健康保険があなたのことを加入していると認めている証拠になります。

記号・番号は保険証の上に書いていることが多いです。全国健康保険協会の保険証でいうと、記号が「21700023」、番号が「21」です。

協会けんぽの記号は8ケタでできています。番号は1~3ケタで人それぞれ違いますので、目の前にある保険証の通りに書きます。

共済組合保険だと番号だけで記号がないこともあります。記号に「-」とあったら番号のみなので、記号欄には「-」か「なし」と書けばOKです。

 

保険証には交付日、資格取得日なども記載されていますが、「発行機関、保険者番号、記号・番号」とは関係ありません。

「保険者名称、保険者番号、記号、番号」の4か所だけを、加入している手元の健康保険証で確認してください。

「それでもわからない。」、「やっぱり不安。」という方は、書類の提出先に聞いたら教えてくれます。または、メールでお問い合わせいただけたら、私もお答えできます。個人情報は漏らしません。守秘義務は必ず守ります。

→元医療事務の管理人に保険証のお問い合わせはこちら

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。