保険証をなくしたときはどうする?悪用防止対策と再発行の方法をご紹介。

「財布の中に保険証入れてたのに落とした。」、「保険証が入ってるバッグごとなくした。」というお困りの方へ。

サイフの紛失やカバンの置き忘れなど、保険証をなくすことがあります。

身分証明書にも使えるので、犯罪などに悪用されないようにしたり、病院を受診できるように、保険証の再発行をする新たな手続きが必要になります。今回は、悪用防止や再発行の申請、「健康保険証」をなくしたときにする対処をお教えします。

スポンサーリンク

保険証を他人に使用される!?悪用の防止措置はドコで手続きするの?

健康保険証は病院に3割負担で受診できるだけでなく、公的な身分証明書としても使えます。2016年現在はほとんど顔写真がなく、保険証に記載のある氏名を名乗って、身分証明書を提示すれば何でもできます。

ポイントカードやクレジットカードなどの作成ができますし、勝手に借金をしたり連帯保証人になられたら最悪なパターンです。身に覚えがなくても一生ローンの返済に追われます。

なので、財布やバッグごと落としたり盗まれたなど、保険証をなくしたときは、悪用防止のため紛失した届け出をします。警察と個人信用情報機関の2か所にしましょう。

「遺失物届」といって、保険証をなくしたので悪用防止の手続きにきたことを伝えたらわかります。近所の交番や○○警察署など、警察ならどこでも手続きできます。

頑丈に対策をしたいときは、もう1か所行くところがあります。「個人信用情報機関」です。

保険証を紛失した時点で、個人信用情報機関に登録すると、クレジットカードの新規作成や金融機関でお金を借りられたとしても、会社からお問い合わせがきたときに「保険証をなくした届け出がある。」と返答してもらえます。よって、クレジットカード作成や借金ができません。

それでも相手が引き下がらない場合は、パスポートや運転免許証など別の公的な身分証明書で行われます。本人の健康保険証紛失があるため、厳しく審査されるので事件になる前に防ぐことができます。

面倒ですが、犯罪に悪用されたり、なりすまし防止のためにも、大きな事件にならないように手続きしておきましょう。

スポンサーリンク

市役所や会社に申請して、健康保険証の再発行してもらう。

病院に行って医療費を3割負担で計算するためには原本確認が基本です。警察や個人信用情報機関に届け出を済ませたら、新しい保険証を入手しましょう。

健康保険証を発行しているところで手続きできます。国民健康保険なら市役所、町役場。社会保険なら勤務先の人事課や総務課です。

再発行にかかる料金は「無料」なので、お金の心配はありません。

新しい保険証には「再交付」「再発行」という表示があり、なくした保険証が見つかっても無効になります。再発行の保険証でも3割負担で計算されますので大丈夫です。

 

保険証が再発行されるまで日数はどのくらいかかる?届くまでの受診は?

「新しい保険証は再発行してどのくらいで出来上がるのか?」気になりますね。

国民健康保険なら即日再発行されて、その場でもらえます。社会保険なら2~3日、郵送手続きなら1週間くらいが目安です。

「保険証がないと病院に行けない。」と思われがちですが、紛失したことを伝えれば大丈夫です。

新しい保険証が手元にくるまで一時的に10割負担で支払いをします。しかし、再発行されたら保険証を病院に提示すれば支払った全額のうち7割分が返金されます。

手持ちのお金がない場合は、大体3割分を一部入金したり、5,000円~10,000円の仮入金という対応をしてくれます。10割での支払いが難しい場合は、会計時に病院事務に相談してみましょう。

保険証の再発行にかかる期間については、別の記事でまとめてあります。国保と社保別で解説していますので、あなたの参考になれば幸いです。

→保険証を紛失したとき再発行にかかる期間はどのくらい?はこちら

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。