入院の費用は1ヶ月でいくらかかる?高額療養費は手続きした方がいい?

「1ヶ月くらいの入院だったら料金はどのくらいになるのかな?」、「入院期間が30日だったら高額療養費の手続きはする?」という方にお教えします。

入院費用は1ヶ月で最低86,400円です。

高額療養費の対象なので入院前に限度額適用認定証を事前に申請しましょう。

スポンサーリンク

入院したら1ヶ月でどのくらいの金額になる?

  • 一般病棟に入院する。
  • 1ヶ月=30日間。
  • 70歳未満の課税世帯。

上記の条件で1ヶ月間の入院した場合いくらになるのか計算しました。

3割負担で86,400円~143,190円は最低でも入院医療費がかかります。

ベッドやお部屋など入院の基本料金で更に検査やレントゲン、点滴、お薬など次々と追加されていきます。

総額にしたら100,000円以上になります。

手術や麻酔、輸血など治療内容によっては1,000,000円を超えることもよくあります。

スポンサーリンク

高額療養費の手続きは必要?

高額療養費は一般の課税世帯の場合「80,100円」を基準に対象か判断します。

最低金額の86,400円だとしても既に6,300円も超えてるので1ヶ月間の入院なら100%高額療養費の対象です。

手術や抗がん剤など治療のために長期の入院が予測される場合は「限度額適用認定証」を申請する方がいいです。

入院中に合併症をひきおこして検査や点滴が追加になったら医療費を気にして治療どころではありません。

限度額適用認定証があれば80,100円を超えた分は1%しか上乗せされないです。

例え手術を2回して1,000,000円になっても110,763円で約890,000円も抑えられます。

入院する予定が決まってるなら日付は未定でも「限度額適用認定証」の申請を前もって早めにしておく方がいいです。

 

【まとめ】1ヶ月で入院費用が86,400円になります。高額療養費の対象です。

入院期間が長期の場合は1ヶ月で最低86,400円となります。

検査、レントゲン、処置、点滴、お薬、手術、麻酔、輸血、リハビリ・・・。

DPC対象外の一般的な病院だったら医療行為をやればやっただけかかります。

入院先が療養病棟や緩和ケア病棟などの専門的な病棟なら計算はまた変わります。

しかし、一般病棟ならどこの病院でも30日も入院したら80,100円を超えます。

高額療養費の「限度額適用認定証」を持っていたら少しでも安くできます。

安心して治療に専念するためにも高額療養費を手続きしておくことをおすすめします。

→高額療養費制度や申請書についてはこちら

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。