もし入院中に他院受診してしまったら?正直に病院スタッフに言うこと。

スポンサーリンク


前回の記事では、「入院している患者さんは、他の病院を外来受診できないんですよ。薬が欲しいだけでも、定期の予約日でも、一度、医師や看護師など病院スタッフに相談してください。」ということを書きました。

→【前回】入院中はほかの病院にかかったらダメ?薬が欲しいだけなのになぜ?はこちら

そこで、

  • 「え、じゃあ、もし他の病院で、外来にかかってしまったら、どうしたら!?」
  • 「まさに、その入院中の他院受診で、薬をもらってきたんだけど、どうしよう。」

という患者さん、ご家族の方へ。

入院している患者さんは、ほかの病院にかかれないです。でも受診しちゃったものは、仕方がないので、大丈夫です。

今回はまず、『入院中に他の病院で外来受診してきたこと』を、病院スタッフに伝えましょう。

スポンサーリンク

「入院中の他院受診したこと」を病院スタッフに伝えます。

既にご存知かとは思いますが、本当なら、入院中の患者さんは、ほかの病院にかかることができないです。しかし、かかってしまったものは、仕方がありません。

なので、もしも、入院患者さんが他院受診してしまったら、正直に病院に言いましょう。

入院中の病院には、「実は、〇月〇日に、○○クリニックに行ってきました。」「定期の予約日だったし、薬がなくなるので。」など。

外来受診した病院には、「実は、〇月〇日から、○○病院に入院中です。」など。

入院中の病院でも、外来受診した他の病院でも、どちらに言っても良いです。どちらか片方の病院に言えば、すぐにもう片方の病院へ連絡がいきますので、言いやすい方の病院に伝えます。

一番の理想は、患者さんやご家族から、両方に「入院中の他院受診した」事実を伝えることです。

スポンサーリンク

入院中に他の病院へ行ったことは、黙っていても2~3か月以内に必ずバレます。

  • 「患者本人は入院中でも、家族が薬をもらいに行くだけなら、良いと思ったんだけど・・・どうしよう。」
  • 「ほかの病院にかかってきたのは、外泊中(外出中)だから、大丈夫ですよね?」

というように、「言わなきゃわからない。」「黙っていれば、知らないふりをしておけば、バレない。」と思っている患者さんは多いです。

また、後日、入院中は他院受診できないことを知り、「申し訳ないことをしちゃった。なんとか隠し通す方法はないか!?」と、お調べになる患者さんもいます。

ですが、残念ながら、入院中の他院受診を、双方の病院に隠し通すことはできません。お互いの病院には、2~3か月以内に必ずバレます。

医療費は、3割を患者さんに負担してもらって、7割は健康保険に請求しています。この病院から健康保険宛てに送る「7割分の医療費の請求書」が、2~3か月後に、健康保険から各病院へ送り返されるからです。

「この患者さんは、入院期間中に他の病院を受診しています。」という内容が7割分の医療費請求書と一緒に、入院中の病院、外来受診した病院へ、返されるのです。ちなみに、外来受診した病院で、院外処方された場合は、調剤薬局にも請求書が返されます。

病院が入院中の他院受診に気づかなかったとしても、健康保険が7割分の医療費の請求書を受理しないのです。病院にとって、医療費の7割が受理されないということは、大きな損失になります。

そのため、病院や調剤薬局は、正しく手続きをやり直してから、もう一度、健康保険に請求し直します。

なので、「もし、入院中に他の病院にかかってしまったら、早めに病院に伝えましょう。」ということです。

 

他院受診に行ってしまったら、入院している病院にかかってきたことを伝えてください。

まずは、入院中の病院や外来受診した病院に、「入院中に他院受診をしたこと」を言いましょう。

  • 入院している病院なら、「入院中に外来受診したこと。」
  • 外来受診した病院なら、「他の病院に入院中のこと。」

どちらか片方の病院に言うなら、入院中の病院に言う方がスムースです。

入院中の病院は、いま患者さんを診ている病院なので、病態が急変したときなど、緊急時のためにも、情報を把握しておく必要があります。

特に薬は、一緒に飲んではいけない薬などの可能性もあるので、入院中の病院にとって、早く知りたい情報です。

また、外来受診した病院代は、入院している病院の医療費として、計算します。なので、お会計が変わる可能性もあります。

全額返金されるになれば、外来受診した病院で返金手続きが必要です。ただ、外来受診した病院の医療費は、そのまま3割負担ということもあるので、まずは入院中の病院に伝える方が楽です。

全額返金になるか、3割負担になるか、詳しいお会計は、入院している病院と、外来受診した病院の話し合いや診療内容などにもよります。

入院中にほかの病院にかかってしまったものは、もう仕方がないです。あとは正直に「入院中の他院受診をしてしまったこと」を伝えましょう。

 

入院している患者さんは、どうして他の病院にかからないように言われているのか。薬が欲しいだけでも、もし他院受診してしまったら、どんなことが起こるのか。

こちらの記事で、入院中の他院受診について詳しくご説明しています。

 

「入院中にもう他院受診しちゃって、10割負担でお支払いするように請求された。」という、お困りの患者さん、ご家族の方はこちらをどうぞ。

患者さんは全額自費なんて負担することないです。どうしたらいいのか?対応まで、まとめてありますので、参考にされてみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。