入院費の休日・深夜料金は処置、手術、麻酔。22時まで時間外はほぼなし。

入院中は土日祝日や、17時以降の時間も、関係と思われがちです。しかし、入院患者さんにも休日・深夜の追加料金があります。

今回は、入院患者さんの夜間料金は、何をしたら休日料金でいくらなのか、高額療養費の対象なのか、ご説明します。外来だけの料金もあるので、入院費と外来費で分けました。

この記事では、「入院医療費」で、休日・深夜料金になる項目をまとめています。

スポンサーリンク

休日・深夜料金になる入院医療費6項目。

夜間料金の対象 夜間料金の対象外
  • 初診料
  • 検査
  • レントゲン画像
  • 処置
  • 手術
  • 麻酔
  • 投薬、処方
  • 注射、点滴
  • 輸血

入院中でも「処置」や「手術」、「麻酔」など、休日・深夜の時間外料金になることがあります。

上の表には初診料から麻酔代までまとめていますが、救急外来を受診後、即日入院になった場合に追加される項目も含まれています。

初診料や検査、レントゲン検査は、夜間診療からそのまま入院した時だけ、時間外料金になります。また、同じ検査も内視鏡検査は入院中の患者さんも休日・深夜料金の対象です。

処置や手術、麻酔は、休日と、深夜料金の2種類になります。入院中の患者さんに、時間外料金はありません。

「お薬代」、「点滴注射」、「輸血代」には、時間外・休日・深夜の特別料金はありませんので、ご安心ください。

時間外や休日、深夜の基準は、時間帯で決められています。何時に受付時間をしたのか、手術などの開始時間などで、いくら高くなるのか変わります。切り替わるタイミングは別の記事で解説しています。

→「病院に夜間受診した時の料金はいくら?受付時間で決まる初診料・再診料。」はこちら

それでは、医療費の詳しい夜間料金について、1つずつご説明します。

スポンサーリンク

救急外来からそのまま入院した時の初診料。

%e5%8c%bb%e7%99%82%e8%b2%bb%e7%97%85%e9%99%a2%e4%bb%a3%e5%88%9d%e8%a8%ba%e6%96%99%e8%a8%ba%e5%af%9f%e4%bb%a3%e5%a4%9c%e9%96%93%e6%95%91%e6%80%a5%e6%99%82%e9%96%93%e5%a4%96%e4%bc%91%e6%97%a5%e6%b7%b1

初診料は全員一律で282点です。年齢や性別、健康保険は、一切関係ありません。3割負担なら846円、2割負担なら564円、1割負担なら282円です。

上の表にまとめた料金は、時間外や休日、深夜の場合、高くなる金額をまとめたものです。初診料に夜間料金を足すことになります。

受付時間が何時かで時間外の料金異なりますので、20時に受付をすれば時間外料金になります。846円+255円=1,101円ですね。70歳以上の高齢者は2割負担なので、564円+255円=819円です。

初診料の時間外料金は、救急外来など夜間診療から、そのまま入院した時に発生します。

※入院中の患者さんは、再診料がかからないので、時間外料金などもありません。

 

血液検査など入院日に時間外料金。カメラに休日・深夜料金あり。

検査の時間外料金は、3割負担で600円(200点)です。2割負担で400円、1割負担で200円です。

時間外料金がある検体検査は「尿検査」や「血液検査」、「細菌検査」などがあります。「心電図」や「エコー写真」、「カメラ」などの生体検査は追加料金はありません。※カメラは胃カメラ、大腸カメラ、食道カメラなどです。

検査の夜間料金には、時間外や休日、深夜などの時間帯の区別はありません。受付時間外であれば、休日、祝日、夜中など何時でも同じです。尿検査や血液検査、細菌検査をすると追加になります。

通常、入院患者さんには加算されない費用です。救急外来を受診時に検査をして、そのまま入院になった患者さんが、入院日にかかる時間外料金です。診療明細書には「時間外緊急院内検査加算」と表示されます。

 

時間外 なし
休日 80/100(0.8)
深夜 80/100(0.8)

カメラを使った内視鏡検査には、入院患者さんも夜間料金があります。胃カメラや大腸カメラ、食道カメラ、喉のカメラなどが代表的です。

休日や深夜のカメラは、点数の100分の80が上乗せになります。夜10時に喉のカメラ検査をすると、点数が600点なので、0.8をかけて480点。600点+480点=1,080点です。

休日と深夜は、同じ割合で夜間料金になるので、土日や祝祭日など、お休みの日は深夜でも変わりません。

入院中のカメラ検査に時間外料金がありません。

 

レントゲン、CT、MRI画像を撮ったら入院日に330円。

画像の夜間料金は、110点です。3割負担で330円、2割負担で220円、1割負担で110円です。

レントゲンやCT、MRIなどの、写真を撮ること全てが対象です。

画像も、時間外や休日、深夜などの時間帯の区別はありません。通常の受付時間外なら何時でも一緒で、レントゲンやCT、MRIなどを撮ると追加されます。

通常、入院中の患者さんは対象外です。救急外来でレントゲン撮影をしてからから、そのまま入院になった患者さんが対象で、入院日にかかる時間外料金です。診療明細書には「時間外緊急院内画像診断加算」と表示されます。

スポンサーリンク

処置の点数で変わる夜間料金2種類。

時間外1 なし
休日1 160/100(1.6)
深夜1 160/100(1.6)

処置には、「150点以上」と「1,000点以上」で時間外料金が2種類あります。ですが、入院費は1,000点以上の処置の休日料金と深夜料金だけになります。

点数に休日や深夜の割合をかけて決まります。なので、処置の内容で追加料金が異なります。

例えば、1,000点の処置を休日にしたら、100分の160なので、1000に1.6をかけます。1,600円が休日料金となりますので、1000+1,600=2,600点になります。3割負担の金額にすると、7,800円のお支払いです。

休日と深夜は100分の160で同じ割合になります。土日祝日は、夜中1時や2時など、何時でも変わりません。

1,000点以上の処置とは、カウンターショック(2,500点)、高気圧酸素治療(5,000点)、人工腎臓・透析、(1,580点)などがあります。

 

手術は点数で変動する時間外料金。

時間外1 なし
休日1 160/100(1.6)
深夜1 160/100(1.6)

手術の夜間料金は、国に届け出をしているか、していないかで異なります。時間外の手術そのものは、何時でもできますが、予定手術日前の当直を免除したり、医師への配慮をしているか?などが金額の差となっています。

1つめの休日料金や深夜料金は、点数の100分の160が追加になります。手術の点数が10,000点だったら、1.6をかけて16,000点。10,000点+16,000点=26,000点です。

休日と深夜は追加になる料金が同じなので、土日祝日など、お休みの日は何時でも変わりません。

また、外来とは違って入院患者さんの手術に時間外料金は、ありません。18時の緊急手術も通常通りの計算です。

診療明細書には「休日加算1」などと記載されます。休日加算1は交代勤務制やチーム制など、医師の負担を軽くするように工夫された病院です。主に大学病院や大きな総合病院が対象になります。

大学病院などのサイトを確認しましたが、現在のところ、確認できませんでした。気になる医療機関がある場合は、『休日加算1』なのか直接病院へお問い合わせください。

 

時間外2 なし
休日2 80/100(0.8)
深夜2 80/100(0.8)

2つめの休日料金や深夜料金は、点数の100分の80が上乗せされます。手術の点数が7,000点だったら、0.8をかけて5,600点。7,000点+5,600点=12,600点です。

休日と深夜は増える料金が同じなので、土日祝日など、お休みの日は何時でも変わりません。

また、外来とは違って入院患者さんの手術に時間外料金は、ありません。18時の緊急手術も通常通りの計算です。

診療明細書には「休日加算2」などと記載されます。休日加算2は、小さい病院から中小病院まで、ほとんどの医療機関が対象です。

中小病院などのサイトを確認しましたが、現在のところ、確認できませんでした。気になる医療機関がある場合は、『休日加算2』なのか直接病院へお問い合わせください。

 

麻酔は筋肉注射など種類で異なります。

時間外 なし
休日 80/100(0.8)
深夜 80/100(0.8)

麻酔の休日料金や深夜料金は、点数の100分の80が追加になります。手術の点数が600点だったら、0.8をかけて480点。600点+480点=1,080点です。

休日と深夜は追加になる料金が同じなので、土日祝日など、お休みの日は何時でも変わりません。

また、外来とは違って入院患者さんの麻酔に、時間外料金はありません。19時の緊急麻酔も通常通りの計算です。

 

入院する時は、事務から高額療養費の説明を受けていると思います。「限度額適用認定証」を持っていれば、時間外や休日、深夜などの夜間料金も、高額療養費で安くなります。

万が一、手続きがまだお済みでない患者さんは、早めに限度額適用認定証の申請をおすすめします。

高額療養費については、別のページでも解説していますので、参考になれば幸いです。

 

時間外や休日、深夜の切り替わる時間帯は別の記事を参照ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。