入院したら貸病衣と自分のパジャマどっちがいい?保険外の医療費です。

「入院するときの服装はパジャマがいいのかな。」、「病衣を借りたらお金がかかるけどいくらくらい?」と疑問に思われる方もいます。

入院中の患者さんは、パジャマより貸病衣の方がおすすめです。患者さんにとっても、病院職員にとっても、メリットが多くあります。

病衣代などレンタル料金のことや、病衣のメリットについて、ご説明します。

スポンサーリンク

入院したらパジャマよりレンタル病衣が良いです。

「パジャマは家族に洗ってもらえばいいし、お金もかからない。好きな格好で良いなら、入院中もかわいい柄がいい。」病院に入院するときの準備するものは「パジャマ、寝巻き」と思う方もいます。

しかし、入院して検査や治療することを考えると、病院から指定の貸病衣の方が良いと思います。

自分でパジャマを用意するなら、前開きなどの条件があり、探すのも面倒です。しかも女性の場合、ボタン止めだと、トイレや売店に行くだけで、ブラをつけたりはずしたりすることになります。

前開きは診察しやすいように、万が一、急変してもすぐに胸やお腹を出せるように、という目的があります。

最近はパーカーなどファスナーで下着を隠す方もいます。確かにスキマがなくなるので、見えないですね。だけど、緊急時にファスナーが絡まって開かなければ、服を切られることもあります。

お店を探し回ったり、何回も検索してネット通販で購入する手間を考えたら、お金はかかりますが、病衣をレンタルした方が簡単です。

貸病衣なら、洗濯をしなくてもいいので、お見舞いにくる家族も楽ではないでしょうか。しかも、おしっこや傷口からの管などを通すこともあるので、ゆとりのあるサイズを着られます。

病院で急に倒れても、すぐに脱がせられるし、切らなきゃいけない状況でも、医師や看護師も遠慮なく切れます。

患者さんや家族は、パジャマを探したり洗わなくてもいい。医師や看護師は、検査や治療をしやすい。総合的にみると、お金はかかりますけど、病衣をレンタルした方がメリットが多いです。

スポンサーリンク

貸病衣代は1日あたりの病院が多いです。

「洗濯すればお金がかからないからパジャマにする。」と料金を気にする方もいます。

病院から病衣を借りる場合は、1日〇〇円と値段が決まっています。健康保険の対象外なので、自費の10割負担です。(参考までに、私の勤めていた病院では、1日70円+消費税でした。)

1日あたりの金額なので、何回着替えても、料金は変わりません。逆に、前日から同じ病衣を着ていて、3日ほど着替えなくても、パジャマ1枚で3日分のお支払いになります。

なので、最低でも1日1回、取り換えたら良いのではないでしょうか。夏は汗をかくたびに着替え。冬も寝る前に交換しても大丈夫です。

夜、就寝前に着替えて、朝は味噌汁をこぼして交換、昼間にお風呂に入って、また新しくしてもいいんです。1日あたりの費用なので、2回、3回取り換えても、患者さんがお支払いするお金は一緒です。

1枚あたり〇〇円であれば、着替えの回数を気になりますが、2017年現在、1枚での計算は聞いたことがありません。

大抵の病院は1日あたりなので、気兼ねなく取り換えて、常にキレイなパジャマで過ごせます。

 

下痢や嘔吐、処置で汚れても何回でも取り換えれる。

検査や手術、入院中の治療内容によっては、パジャマが汚れることもあります。

ーーーーー

たとえば、大腸がんの検査入院。大腸カメラの検査は、当日の朝から下剤を2リットル飲んで、腸の中をきれいにします。

当然、すべて「下痢」になって出ます。入ってる他の患者さんがいたり、急いで行っても、トイレまで間に合わなかった、ということがよくあります。

ショーツどころかパジャマも下痢で汚れますが、病衣ならすぐに着替えられます。

ーーーーー

がん治療のひとつに化学療法があります。点滴に抗がん剤が含まれていて、副作用で「吐き気」「嘔吐」があります。

横にはいつ吐いてもいいように、容器が用意されていても、うまく吐けないことがあります。吐き気もなく、急に嘔吐したら、布団やパジャマの上に吐くことになります。

病衣を着ていれば、嘔吐物がついたパジャマを、洗濯する必要はありません。

ーーーーー

がんや骨折など手術をしたら、傷口からでてくる液を出す管をつけてることがあります。

この管から液が漏れたり、消毒などの処置中に、汚れても大丈夫。病院のパジャマは何回でも新しく交換できます。

ーーーーー

入院していると、パジャマが汚れることは仕方がないことです。しかし、「さっき着替えたばかりなのにまた・・・」となったら、申し訳ない気持ちもでてきます。

「家族に迷惑がかからない。」、「何回でもパジャマを交換できる。」、「嘔吐や下痢で汚しても大丈夫。」、と思えるんです。

だから私は病衣は料金はかかりますが、患者さんの精神的ストレスを軽くできると思います。また、看護師としても、「新しいパジャマに着替えよ!」って励ましやすいとも思いますね。

私個人的には、お気に入りのかわいいパジャマを着ていて、下痢や嘔吐で汚くしたくない、という気持ちもあります。

睡眠時無呼吸症候群の検査入院は、ただ寝て帰るだけなので、私服でも良いと思います。しかし、カメラなど内視鏡検査や、手術など大掛かりな治療なら病衣を借りた方がおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。