医療費の限度額は計算すればわかる。区分ア、区分イ、区分ウの例。

高額療養費健康保険医療費限度額区分1回目4回目多数回数1

高額療養費制度は、区分アから区分イ、区分ウ、区分エ、区分オまで、5つにわかれています。

区分ア、区分イ、区分ウは、「ある一定の限度額と×1%」が、患者さんの負担する医療費になります。この1%によって若干の変動があるために、「区分ウの患者さんは、○○円ですよ。」というはっきりした金額をお伝え出来ません。

また、「総医療費から決められた金額を引いた答えに×1%」なので、余計に混乱されるのではないでしょうか。普通に病院を受診して3割負担の医療費を提示されたら、総医療費なんて気にしないし、無理もないです。

なので、高額療養費の計算方法を知りたい患者さんのために、実際に数字を当てはめて、解説していきます。わかりやすいように、区分ア、区分イ、区分ウで、それぞれの計算式で限度額をだしてみましょう。

また、区分エ、区分オは定額で上限が決まっているので、計算の必要がありません。一定額以上の医療費にはならないので、心配いらないです。

スポンサーリンク

区分の計算式で高額療養費を使ったとき、患者さんの限度額をだします。

はじめに、高額療養費の限度額は、冒頭でも書いた「ある一定の限度額と×1%」という計算式があります。

区分アの限度額を出す計算式は、252,600円+(総医療費-842,000円)×1%。

区分イの限度額を出す計算式は、167,400円+(総医療費-558,000円)×1%。

区分ウの限度額を出す計算式は、80,100円+(総医療費-267,000円)×1%。

高額療養費の計算には、総医療費というものが必要になります。※総医療費は、簡単にいうと、10割の医療費のことです。

→「総医療費」についてはこちらの記事をご覧ください。

 

ここでは、計算しやすいように、総医療費(10割)を100万円として計算していきます。70歳未満の3割負担の患者さんは、誰でも30万円の医療費になりますね。※100万円=1,000,000円。

区分アの限度額を出す計算式は、252,600円+(1,000,000円-842,000円)×1%。

区分イの限度額を出す計算式は、167,400円+(1,000,000円-558,000円)×1%。

区分ウの限度額を出す計算式は、80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%。

なので、「入院・手術をして30万円の入院医療費になったとき、高額療養費を使うと、いくらになるのか?」という計算をしていきます。

スポンサーリンク

高額療養費の区分アだったら、医療費は「254,180円」です。

区分アの患者さんが使う計算式はこちら。

「252,600円+(総医療費-842,000円)×1%」

総医療費に1,000,000円を置き換えてみます。→「252,600円+(1,000,000円ー842,000円)×1%」

まず引き算から始めます。→「1,000,000円ー842,000円=158,000円」

カッコ内を引き算した結果。カッコ内の数字を結果と入れ替えます。→「252,600円+158,000円×1%」

次は掛け算です。→「158,000円×1%=1,580円」

また式に入れます。→「252,600円+1,580円

最後に足して終わります。→「254,180円

「254,180円」が高額療養費を使ったときに、 区分アの患者さんが負担する医療費です。

 

高額療養費の区分イだったら、医療費は「171,820円」です。

区分イの患者さんが使う計算式はこちら。

「167,400円+(総医療費-558,000円)×1%」

総医療費に1,000,000円を置き換えてみます。→「167,400円+(1,000,000円ー558,000円)×1%」

まず引き算から始めます。→「1,000,000円ー558,000円=442,000円」

カッコ内を引き算した結果。カッコ内の数字を結果と入れ替えます。→「167,400円+442,000円×1%」

次は掛け算です。→「442,000円×1%=4,420円」

また式に入れます。→「167,400円+4,420円

最後に足して終わります。→「171,820円

「171,820円」が高額療養費を使ったときに、 区分イの患者さんが負担する医療費です。

 

高額療養費の区分ウだったら、医療費は「87,430円」です。

区分ウの患者さんが使う計算式はこちら。

「80,100円+(総医療費-267,000円)×1%」

総医療費に1,000,000円を置き換えてみます。→「80,100円+(1,000,000円ー267,000円)×1%」

まず引き算から始めます。→「1,000,000円ー267,000円=733,000円」

カッコ内を引き算した結果。カッコ内の数字を結果と入れ替えます。→「80,100円+733,000円×1%」

次は掛け算です。→「733,000円×1%=7,330円」

また式に入れるます。→「80,100円+7,330円」。

最後に足して終わります。→「87,430円

「87,430円」が高額療養費を使ったときに、区分ウの患者さんが負担する医療費です。

 

この流れで、総医療費(10割の医療費)を変えれば、金額や診療月、区分が変わっても、何回でも計算できます。

総医療費を見間違え、入れ間違えしないように気を付けて、ひとつずつ計算すれば限度額をだせます。数学のテストのように、時間制限があるわけじゃないです。このページをみながら、紙に書いて落ち着いて計算してみてください。

もし、この高額療養費の計算が難しいようなら、こちらの記事がオススメです。病院窓口で支払った金額や高額療養費の区分を入力するだけで限度額が表示されます。

→「高額療養費の計算ができない!」安くなる金額が一発でわかるサイト。はこちら

 

高額療養費制度については、別のページにまとめてあります。高額療養費の対象や、回数の数え方、ご家族の医療費を合算するなど、お役に立てれば嬉しいです。

→健康保険の「高額療養費制度」について詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告



高額療養費健康保険医療費限度額区分1回目4回目多数回数1



保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。