「高額療養費って入院にしか適用にならないのかなぁ?」って方へ。

「入院費は高額療養費制度が使えるけど外来にも適用にならないのかなぁ?」という疑問をお持ちの方へ。

外来費も高額療養費制度で安くできます。

スポンサーリンク

高額療養費は入院・外来に適用なります。

「前に入院したとき医療費が高額になって制度で安くできたなぁ。外来費も適用できればいいのに・・・。」

と言われることがありますが10年以上前から外来費も適用にできます。

スポンサーリンク

限度額適用認定証は2年前から外来も対象になりました。

高額療養費制度は何年前からあり外来費も委任払いなどで安くすることができてました。

限度額適用認定証という証書を手続きして事前に安くする方法は入院だけでした。

しかし、抗がん剤治療や検査など外来診療でも高額な医療費になることはあります。

  • 「還付手続きや委任払いは面倒」
  • 「入院みたいに支払い時点で安くしてほしい」

という方も多かったです。

平成24年から限度額適用認定証の申請をすれば1枚で入院と外来の両方に適用することができるようになりました。

もちろん国民健康保険や社会保険など、健康保険の種類に関係ありません。

もし高額になりそう、高額になった場合は申請手続きをおすすめします。

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。