インフルエンザ予防接種ワクチンの効果がでるまでと持続期間!

「インフルエンザが流行前に予防接種しなきゃ!」、「ワクチン注射する時期はいつ頃がいいのかな?」という方へお教えします。

インフルエンザワクチンは11月中旬に予防接種を打つのがおすすめです。

インフルエンザワクチンを接種して2週間後~6か月間効果があります。

インフルエンザの予防ワクチンは接種してから体の中で免疫ができて効果を発揮するまで大体2週間程度かかります。

ワクチンがインフルエンザ抗体として体を守ってくれる期間は約半年間。

インフルエンザは3月の春頃から減りますが毎年ゴールデンウィーク頃までインフルエンザの患者さんがチラホラいますので接種する時期が大切です。

スポンサーリンク

11月中旬に接種すると5月頃までインフルエンザを予防できます。

病院やクリニックで予約や受付が始まるのは10月からですがまだ早いです。

12月は忘年会や年末年始の準備で忙しい時期なのでスケジュール調整も難しくなります。

本格的にインフルエンザや風邪が流行する1月だとちょっと遅いです。

と考えたら11月がちょうどいい時期になります。

1か月の中でもっと絞るなら中旬に接種すると5月まで効果が持続します。

 

遅くても12月上旬までに予防接種を済ませるようにする。

インフルエンザの予防接種は熱があったり風邪を引いて体調が悪いときはできません。

11月中旬を予定していても熱が出たら延期になり12月、1月とワクチンを接種できずにインフルエンザにかかってしまう可能性があります。

であれば、早めに予定を組んで多少延期しても支障がでないようにするのがいいです。

11月上旬なら風邪で1~2週間くらい先延ばしになってもまだ大丈夫です。

遅くても12月上旬までに接種すれば年末には免疫ができるので年始を安心して迎えられます。

インフルエンザ予防接種を打つ場合は事前予約が必要な場合もありますので病院に問い合わせてから行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください