病院の「預かり金」とは?夜間休日の医療費を一時的に仮払いするもの。

スポンサーリンク


「夜間休日は事務が休みなので、医療費の計算ができません。後日精算になるので、預かり金を5,000円頂きます。」

急な病気や怪我で、救急外来にかかった時、会計ではなく「預かり金」というお金をお支払いしたことはありませんか?

医療費の預かり金とは、当日、病院代の会計できない代わりに、一定の金額の分だけ、病院にお金を預けるものです。後日、治療代の計算ができたら、保険証を適用させて正式なお支払いになります。なので、預かり金は、仮払いのようなものです。

救急外来で受診した分の医療費が計算できましたら、預かり金からお支払いします。そして、多かった分は返金し、足りない分は追加で頂きます。

この記事では、病院の救急外来を受診した時の「預かり金」とは何か?をわかりやすくご説明します。

スポンサーリンク

時間外に病院を受診したときのお会計「預り金」とは?

夜間・休日など、診療時間外に病院にかかった場合、帰り際に「預かり金」をお願いしている病院があります。

「預かり金」とは、時間外診療の救急外来で、診察代に相当するお金を一時的にお預りすることです。預かり金のほかに、「一時預かり金」とも呼ばれています。

病院の事務は、土日祝祭日など病院が休日なら、基本的に事務もお休みです。

受付は保険証をコピーとったり、患者さんの名前だけでも書いてカルテ作成など、警備員(守衛)さんや看護師がやってくれます。しかし、お会計は専門的な知識が必要になるので、請求書を発行できず、『後日精算』になります。

病院代のお会計ができない代わりに、5,000円や10,000円など、一時的にお預りさせて頂くお金のことを「預り金(一時預かり金)」といいます。

スポンサーリンク

夜間・救急外来の医療費は預り金から支払われます。

救急外来受診分の医療費は、月曜日など休み明けに事務が出勤してから、計算し請求書を発行します。病院代の正式な金額がわかり次第、患者さんから頂いた預かり金から精算に充てています。

例えば、日曜日に、急な高熱で夜間救急を受診して、5,000円の預かり金をして帰った。とします。診察内容から救急外来の料金を計算して、保険証を適用させた医療費が

4,000円だったとしたら、預かり金の5,000円からお支払いして、残りの1,000円は患者さんにお返しします。

6,000円だったとしたら、預かり金の5,000円からお支払いして、不足の1,000円だけ後日お支払い頂いています。

このように時間外診療の医療費を計算してみて、預かり金が多かった分は返金し、足りない分は追加でお支払いお願いしています。

 

預かり金の金額は5,000円~10,000円。手持ちのお金がなければ少しでもお願いします。

預かり金の金額は、5,000円や10,000円など、病院によって異なります。※私の経験上だと、大体5,000円~10,000円です。

診察と薬だけなら5,000円。検査やレントゲン、処置をすれば8,000円(10,000円)。と、治療内容によって預かり金が変わる病院もあります。また、診察内容ではなく、保険証を持っているか、持っていないかで、預かり金の金額を決めている病院もあります。

5,000円や10,000円が高く感じることと思います。ですが、保険証を確認して、患者さんの負担割合で計算した結果、医療費の正しい金額より預かり金が多ければ、きちんとお返しします。

  • 「救急車で運ばれて急いできたから、手持ちのお金がない。」
  • 「病院に行く前は、急病で体調が悪くて、財布の中身まで確認できなかった。」

という患者さんもいます。それはもう仕方がないです。

5,000円など、病院が指定する預かり金は無理でも、1,000円でもいいので預かり金をしておきましょう。

患者さんの中には、救急受診して、会計ができないからとそのまま帰って、医療費のお支払いに行かない方もいます。なので、病院にとって「預かり金」は、医療費未払いをなくすためなのです。

病院は預かり金をしてくれると、医療費のお支払いをする意思があるとしてみています。後日精算でも、医療費をちゃんと支払ってくれる患者さんだと思えると、病院は安心するので、少額でも預かり金をしましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。