【医療費2016】眼科のコンタクトレンズ検査料が安くなるのは来年から。

「眼科に通院してるから4月1日以降の検査代が気になる。」、「コンタクトレンズの処方せんをもらいに外来に通ってるし、今年の医療費改正で料金が変わるのか知りたい。」という方は多いです。

平成28年度の診療報酬改正で眼科は、「コンタクトレンズ検査料」が細かくなります。

通院している病院によっては、検査費用が低くなる患者さんもいます。

スポンサーリンク

コンタクトレンズ検査料が2→4項目に細分化。最低金額150円。

医療費診療報酬改正2016平成28年眼科コンタクトレンズ検査料1

医療費は2年に一度見直しがあり、2016年度は診療報酬改正の年です。

厚生労働省が発表した資料からわかりやすく解釈すると、病院や診療所などの規模や、診察・検査の実績回数で医療費を変える、ということです。

なので、2項目あったコンタクトレンズ検査料が4項目になります。イメージとして1と2が2つずつ増えて4つになります。

コンタクトレンズ検査料1は変わりなく600円(200点)。コンタクトレンズ検査料1が細かくなって、条件が低いと540円(180点)。

今までコンタクトレンズ検査料2だった患者さんは「コンタクトレンズ検査料3」に名前が変更になって同じ168円(56点)。コンタクトレンズ検査料2が細分化されて、ほとんど条件がない病院が150円(50点)。

患者さんひとりひとり違うわけではなく、同じコンタクトレンズの検査でも病院や診療所ごとで変わります。

スポンサーリンク

コンタクトレンズ検査料は病院で決まる。1~4の基準。

厚労省が決めている基準を元に病院や診療所のデータを調べて条件にあった料金を申請します。

コンタクトレンズ検査料など、たくさんの項目がある医療費は、病院の規模や診察回数、検査回数など実績で変わります。

「当院は○回診察してます。○回検査してます。条件を満たしてるので、コンタクトレンズ検査料の○番を届け出します。」という内容です。病院は厚生労働省から認可されたら、検査費用を患者さんからもらえる、というものです。

  • 病院に眼科などコンタクトレンズ関係の診療科があること。
  • 患者さんから初診料、再診料、外来診療料の診察代をもらってること。
  • コンタクトレンズに関係する検査をしてる割合が3割未満か、4割未満で眼科を専門に担当する常勤医師がいること。

上記3つがコンタクトレンズ検査料の基本的な条件になります。さらに入院ベッドがある、なし。コンタクトレンズ検査料をもらった患者さんの合計人数が1年間で10,000人未満か、コンタクトレンズの自施設の交付率が 95%未満であること、という条件も今年から追加になっています。

「通っている病院はコンタクトレンズ検査料がいくらなのか?」、「どの眼科が基準をクリアしてるのか?」など調べようとしても患者さんはわかりません。

病院や診療所が患者さんの人数や、過去の請求件数をみて計算していて、通常は外部に公表されないです。

ごく稀に病院のサイトに「コンタクトレンズ検査料の○番」という記載がありますので、病院概要などにある『施設基準』という項目を探してみてください。

掲載されていないけど、いくらになるのか気になる場合は、病院の受付・会計窓口の事務員に聞いてみるとわかります。

 

実際は来年(平成29年)4月1日から変更されます。

コンタクトレンズ検査料の料金が4項目に変更される時期は2016年4月1日からです。

病院が新しい費用(点数)に反映させるためには、過去1年単位で患者さんのデータが必要になります。なので、来年の3月31日まで猶予が設けられます。

コンタクトレンズ検査料そのものは今年4月1日から決定されていますが、病院が届け出をするために時間が遅れるということです。

私の個人的な予想ではなるべく高い医療費にするため、コンタクトの検査を3割未満になるようにするでしょう。

あくまでも勝手な推測ではありますが、眼科などではメガネ屋さんで検査するように勧めたり、コンタクトレンズの検査をしてくれなくなる可能性もあります。ただ、何も変わらないこともありますので、あまり心配しなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。