自動車の事故をおこしたら病院で検査しなきゃだめ?交通事故は何科?

「交通事故のあと病院に行かなかったら、どうなるの?」、「事故のケガはないけど検査するなら何科の病院?」という方にお答えします。

車での事故は必ず病院に行きましょう。支払いは後でも大丈夫です。まずは健康状態の確認が優先です。

交通事故後の病院に行く大切さ、受診したらどんなことをするのか検査内容をまとめました。診療科目は整形外科です。

スポンサーリンク

車で事故をおこしたとき、病院で検査をする必要性。

交通事故をおこしたばかりだと気が動転してパニックになってしまうものです。体の痛みや傷など自覚症状がなくても、念のため病院に行きましょう。

事故当時は異常なくても体内では衝撃を受けています。1週間や10日など後日から症状が現れることもあります。特に「脳」は命に関わる部位のひとつです。1分1秒が大切で、発見は少しでも早い方が良いです。

たとえば、脳内出血をしていたとします。最初は興奮状態もあり頭痛も感じなかった。でも追突や衝突など事故のダメージで頭の血管が破れてしまった。3日後、酷い頭痛で受診したときは手遅れだった、となったら最悪ですよね。

また、受診しておくと保険会社にも証明できます。「目立った外傷がなかった。」、「どこも痛くなかった。」と、いくら自分で言っても保険会社はわかりません。「事故当時に傷や痛みがなかったことを、証明できる人はいますか?」となります。

最初から病院に行って医師に異常がないことを話しておくと、記入されたカルテが物的証拠になります。1週間後に首や背中が痛くなってきて、受診しても大丈夫です。日記や自己主張だけでは説得力に欠けます。病院へ行くと「事故当時は何もなかったけど、あとで痛くなってきた。」という発言に対して裏付けができます。

保険会社が納得してくれなければ、病院へ問い合わせるように言えば大丈夫です。委任状を書かされることもありますが、「最初は痛くなかった。」ということを証明できるのでサインしましょう。

交通事故後は体に何が起こっているのかわかりません。重症化する前に受診して確かめておきましょう。医師に異常がないことを告げられると安心します。自動車で事故をおこしたら病院に行ってください。

自動車事故の病気や怪我には健康保険を使えません。10割で全額負担か保険会社が支払いになります。被害者側か加害者側など、詳しく決まっていないときは「会計保留」にできます。

支払い方法の変更はいつでも可能です。病院で診察はできるので、まずは受付を済ませて健康状態をチェックしてください。いくらかかったのか、検査や治療内容を確認してから、保険会社か保険なしにするかを話し合っても遅くありません。

→【参考】車の事故で病院を受診時は健康保険の対象外。10割負担か保険会社払い。はこちら

スポンサーリンク

自動車事故でする精密検査の内容は?

交通事故のあとに病院で検査をするとき、「骨」と「脳」が重視されます。なので、レントゲン、CT、MRIがよくある検査です。

事故状況や患者さんの様子によって、医師が診察して検査の順番を判断・指示します。

手足から出血していたり見た目でわかる場合、まずは消毒してガーゼや絆創膏を当てるなど処置が優先になります。血を流しながら病院内を歩くと、落ち着かないので止血してから検査します。

処置が終わったらレントゲンを撮って、骨の異常を確認します。CTやMRIはレントゲン室の近くにあるので、そのまま隣のお部屋に移動して頭や内臓などの検査することもあります。

吐き気や頭痛がある場合は、先にCTやMRIを撮ったり症状に合わせて検査をしていきます。

まずは患者さんの心配を取り除くことが最優先として、すべて終わってから事故状況によって医師が不安なことを調べていきます。

「ガンってシートが前にでた。」、「ガクンって首がなって頭が前に出た。」、難しい表現はいらないので、自分の言葉でそのまま伝えてください。痛いところ、気になること、どういう風に事故がおこったのか、詳しく説明すると先生も判断しやすくなりますよ。

 

診療科目が知りたい。交通事故のときは病院の何科に行く?

「病院に行く。」、といっても何科に行ったらいいのか、わからない方も多いです。

交通事故の検査は『整形外科』に行きます。

首がガクンとなって数日経ってから首が痛くなる「むち打ち」。表面に出なくてわかりにくい、よくある事故の後遺症です。

骨折など骨の異常も整形外科の領域となります。レントゲンなどの装置もありますし、必要に応じて他の診療科に紹介状を書いてくれるので、心配なことは整形の医師に相談したらアドバイスをしてくれます。

目に見えなくて手遅れになることも多い診療科が「脳外科(脳神経外科)」です。「症状はないけど頭も打ったかもしれない。」と不安に思ったら脳神経も受診しておきましょう。整形外科に行ったら聞いてみてもいいですね。

脳神経外科は手術などをすることがメインとなりますので、症状がないなら脳神経内科でも診察してくれます。医療機関があまりない地方であれば、内科なども良いでしょう。

「骨も脳も心配。」という方は整形外科と脳神経外科の両方ある病院に行きましょう。総合病院になると待ち時間が長引いたり混雑に巻き込まれるだけなので、クリニックや小さめの病院から受診することをおすすめします。

診察後に落ち着いてから治療費のことを話し合いましょう。

「病院に支払う医療費は誰が負担するのか?」については別の記事にまとめてあります。あなたの役に立ったら幸いです。

→交通事故の病院代。加害者、被害者、保険会社、支払い者の決め方。はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。