結婚して改姓した女性は旧姓の保険証を使えない?病院は関係ない?

「結婚して改姓したあとに元々の名字の保険証を利用できる?」、「旧姓の健康保険証は病院で使える?」という女性にお答えします。

結婚して改姓されたら、保険証の名字も変わります。新しい健康保険証で病院に提出して、受診すると3割負担になります。

病院で旧姓の保険証は利用できません。受付事務員に伝える内容や手続き方法など、受診時の注意事項をまとめました。

スポンサーリンク

結婚して名字が変わったら旧姓の保険証は使えません。

医療費保険証健康保険レセプト見本1
出典元:北海道国民健康保険団体連合会

婚姻届の提出をして改姓したら、名字が変わり元々の保険証は病院で利用できません。

保険証は病院から健康保険宛てに、患者さんの医療費を請求する情報です。受診した患者さんは病院窓口で3割負担になり、残り7割分を加入している健康保険から支払ってもらいます。

例えば、佐藤ゆか(仮名)さんが、全国健康保険協会に5月1日から加入しています。記号が12345、番号が67890です。

健康保険証というカード1枚には↑上のような請求情報が書かれています。医療費の請求書には、記号や番号だけじゃなく、名前や生年月日も記入する欄があります。

名字が変わっているのに旧姓で請求すると、不一致のため7割分の承認がされないのです。なので、結婚して改姓したら保険証も新しい名字にする必要があります。

スポンサーリンク

「改姓で申請中」を伝えて新しい保険証が届いたら提出すれば手続き完了。

「結婚して名前が変わったから、変更の申請中」ということを病院に言えば手続きできます。

結婚したてでまだ新しい名字の保険証が手元にないことがあります。すぐに受診したい場合は、念のため旧姓の保険証を持って、病院に行きます。

旧姓の保険証は無効ではありますが、改姓後の健康保険に加入した日が診療日よりも遅くなると、受診日に保険証を確認できていないことになります。無保険状態の期間かもしれない、となれば病院は請求するときに困ります。

病院にかかった日に確認できていれば、新しい保険証が診察日以降から有効だったとしても、患者さんは変わらず3割負担になるので安心です。

結婚して新しい保険証の申請中に病院へ行くとき受付に言うことはこちら3点。

  • 「結婚したので改姓で手続き中」ということ。
  • 会社や社会保険に届け出をした時期(昨日、先週、先月など)
  • もしわかっているなら、新しい保険証が届く大体の時期(1週間後くらいなど)
  • 改姓された新しい保険証を持ってくる期限はいつまで?

新しい保険証ができる時期は、会社の担当者などから「1週間くらいかかります。」「2週間以内には自宅に届きます。」など申請時に教えてくれることがあります。わからなかったら事務に言う必要はありません。

健康保険へ医療費の請求は、翌月10日までだから「請求が間に合うのか?」を病院は心配しています。(5月1日~31日までの治療費は6月10日までに請求)早い病院は月をまたいで5日頃に終わらせてしまうこともありますので、「新しい保険証は何日までに病院に持ってくればいいのか?」聞いて間に合うようにしましょう。

 

「旧姓だから保険証を持っていない人として10割全額負担になる?」

旧姓の保険証を出しても、「新しい名字に変更手続き中」のことを受付にいえば大丈夫です。「改姓になった保険証ができたら、病院に持ってきて見せてくださいね。」で終わります。

10割負担になったとしても一時的に全額支払って新しい保険証ができたら7割分を返金してもらえます。また、病院によっては申請中とわかれば、「3割負担」か、「約3割分の金額を部分的に支払い」、とすることもできます。

旧姓の保険証と新しい保険証の両方が確認できれば、患者さんは3割負担になるので心配ありません。

保険証の手続き中でも病院を受診できるので、安心して行ってください。受付で改姓していることを伝えればわかってくれます。

 

保険証や健康保険などについての記事は他にもあります。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。