市販薬のお金が戻る「セルフメディケーション税制」対象成分と商品。

セルフメディケーション税制には、対象商品があります。

医薬品が対象になるかどうかは、特定の成分が入っているかがポイントになります。頭痛などのバファリンや、風邪薬のルルなど、同じ系列でも制度を使えないお薬もあるのです。

今回の記事では、セルフメディケーション税制の対象になる商品について、ご説明します。

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制の対象は成分が含まれているかどうか。


出典元:厚生労働省

今月から始まった、セルフメディケーション税制。市販の医薬品が戻る、といっても、全部ではありません。

セルフメディケーション税制には対象の成分があります。ニコチンやロキソプロフェンなど、83種類です。

厚生労働省の公式サイトでは、「セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(全体版)」が公開されています。左から、販売名、製造販売業者名、成分名です。

販売名が一般的にCMなどで、よく耳にする商品名になります。製造販売業者名は、お薬の会社名。成分名が販売名の商品に含まれている、対象の成分です。

なので、販売名が一番馴染みのある確認方法です。

→セルフメディケーション税制の対象医薬品を厚生労働省で確認するにはこちら

スポンサーリンク

同じバファリンでも成分が入ってなければ対象外になります。


出典元:頭痛やあらゆる痛みにバファリン

商品によって、含まれている成分も異なります。同じ系列の医薬品でも、セルフメディケーション税制の対象外になることがあります。

一部をご紹介しますと、例えば、頭痛や痛み止めの「バファリン」。

バファリンEX、バファリンプレミアム、バファリンルナi、バファリンかぜEX錠が、対象の4種類です。

その他、バファリンA、バファリンルナJ、小児用バファリン、バファリンジュニアかぜ用、キッズバファリン、の5種類は対象外になります。

バファリンと一言でいっても、全てがセルフメディケーション税制の対象になるわけではないのです。紛らわしいのですが、成分が含まれている商品を購入したら、お金が戻ってきます。

対象の医薬品には、セルフメディケーション税制のロゴマークがついています。しかし、義務ではないので、あまりあてになりません。

セルフメディケーション税制の制度を、重要視するのであれば、対象成分が含まれているか、確認した方がいいです。似てる名前やカタカナやアルファベットひとつなど、間違いやすいですからね。

ドラッグストアでは薬剤師に尋ねる。ネット通販で購入する場合は、買う前にお問い合わせしてください。

 

セルフメディケーション税制の商品は金額が高くなります。

バファリンEX10錠 598円
バファリンA10錠 400円

先程のバファリンで定価の値段を比較してみました。バファリンEX(対象商品)とバファリンA(対象外商品)で、どちらも同じ10錠です。

バファリンEXは、特定成分である「ロキソプロフェン」が含まれているので、バファリンAより198円高いです。バファリンAは、ロキソプロフェンが入ってない分、多少安いということでになります。

セルフメディケーション税制の制度を利用したければ、市販薬の中でも高い種類を、買わなければならないことになります。

 

まとめ:セルフメディケーション税制の対象商品か、よく確認しましょう。

セルフメディケーション税制の対象は、指定された成分が商品に含まれているかが肝です。

セルフメディケーション税制の対象商品という視点で買うか、効能や金額で買うか、判断はご自身になります。

購入するお薬がや、制度の対象などでわからないときは、ドラッグストア店員や通販サイトに確認しましょう。

 

私個人的な考えとしては、病院に行った方が確実で安心だと思います。

健康保険も使えるので、医療費は3割負担になる。万が一、10万円を超えたら、確定申告の控除できる。

風邪だと思ったけど、実はインフルエンザだった。という場合、手遅れになることもないでしょう。肺炎になれば、入院することもありますので、悪化を避けられます。

頭痛でバファリンAを10錠飲んでも治らず、今度はバファリンEXを10錠。それでもよくならないで、結局病院を受診。となれば、セルフメディケーション税制の対象と、健康保険の医療費で、バラバラになり余計な出費に繋がります。

また、「もしも頭痛が脳梗塞がくるものだったら・・・」、などと考えたら、安易に市販薬で終わらせるのは、怖いものがあります。

「軽い症状だったら、市販の医薬品で自分で治す。」という考えはわかります。しかし、判断基準が難しいです。『心配だったら、すぐに病院に行ってもいい』、と私は思います。

 

セルフメディケーション税制の条件や控除金額、申請については、こちらの記事に書いてあります。

→「市販薬が戻ってくる新制度「セルフメディケーション税制」今月始まる。」はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です