セルフメディケーション税制でいくら戻る?税金の計算が苦手な方へ。

2017年1月1日から始まった「セルフメディケーション税制」。

「私は結局いくら戻るんだろう?安くなるとは聞くけど金額がよくわからない。」、という方も少なくありません。

そこで、医療費控除や所得税、住民税について、調べてきました。簡単に計算できるサイトも見つけたので、今回ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

医療費控除額は88,000円まで。12,000円は自己負担。

ドラッグストアなどで市販薬を買うと、確定申告で医療費が控除されます。

所得から引ける金額は、88,000円です。100,000円まで、という話もありましたが、12,000円は本人が支払う限度額でした。なので、差し引きすると、実質88,000円になります。

12,000円を超えた分を医療費控除できるので、10,000円など限度額に達さなかった場合は対象外です。

極端な話、12,100円なら、100円の医療費控除。20,000円なら、8,000円。50,000円なら、38,000円。80,000円なら、68,000円。というように、ドラッグストアなどでかかった市販薬の合計金額から、12,000円を引いた金額が医療費控除できます。

もしも、100,000円のお薬を購入した場合は、12,000円との差額、88,000円となるわけです。また、ご注意頂きたいのが、万が一、市販薬の代金が10万円以上になった場合は、200,000円分だったとしても、88,000円までになります。

 

「88,000円が直接安くなるのか!?」と思われていますが、残念ながら違います。現金でもらう、キャッシュバックはありません。(私も最初は、銀行振込されると思って期待しました。。。)

その代わり、年間所得から引くことができます。年収2,000,000円(200万円)だったとしたら、88,000円分を低く所得申告します。

年収2,000,000円‐セルフメディケーション税制88,000円=年収1,912,000円です。

税金は年収で決まりますので、2,000,000円と1,912,000円だったら、所得税などの税金面で大きく変わります。少しでも支払う税金が安くなれば、経済的に助かりますね。

スポンサーリンク

医療費控除された年収で所得税と住民税が安くなります。


出典元:日本一般用医薬品連合会

実は、医療費控除とは別に、「所得税」と「住民税」も安くなります。所得税と住民税は、年収によって、税率が変わります。(なので、88,000円分でも所得が低い方が嬉しいのです。)

まず、所得税の税率については、上の表をご覧ください。所得金額によって、7つにわけれていて、それぞれに所得税率が設定されています。

セルフメディケーション税制の申告をすることによって、年収2,000,000円が1,912,000円になります。なので、所得税が4,400円も安くなります。

つぎに、住民税の税率なんですが、各市区町村で異なります。ひとつ調べた上で例をだしますと、東京都は10%でした。

セルフメディケーション税制の申請をすると、個人住民税が8,800円も減税されます。

所得税4,400円と、住民税8,800円、合計で13,200円分も税金が安くなる、ということです。13,200円もあったら、欲しかった物や食べたかった物が買えますね。

 

「税金は難しくてわからない・・・」減税される金額を計算するサイトがあります。


出典元:日本一般用医薬品連合会

「税金って難しくて、よくわからない。」、「まず計算が苦手だし、税率とかなに?」、と9割の方は思われるでしょう。(私も税金は苦手です。)

そこで、所得税と住民税がいくら安くなるのか?計算してくれる便利なサイトを見つけました。

年収と、市薬品の購入金額を入力するだけで、1秒ですぐにわかります。※上にある画像が、スクリーンショットです。

課税所得額は?という欄は、選択式になっています。年収が7区分になっているので、ご自身の所得がいくらになるのか、選びます。月収25万円で、ボーナツ夏冬2回の2.0か月分なら、12か月分(1年)+ボーナス4か月分で16か月になります。

月収25万円×16か月分=400万円、というおおよその年収で大丈夫です。もし、わからなければ、前年の源泉徴収額を参考にされてみてもいいですね。

対象医薬品の年間購入額(A)は?という欄は、セルフメディケーション税制の対象市販薬をいくら分買ったのか?です。レシート、領収証の金額を全て足して、合計金額を入力します。

あとは、「計算する」ボタンを押すだけで、自動的に計算されます。下に表示されている「所得税の減税額」と「個人住民税の減税額」が、それぞれ安くなる税金の目安です。

所得税率は7つの区分が勝手に反映されます。住民税率は、東京都の10%で設定されています。※実際の税率は、各市区町村の役所にお問い合わせください。

「年収2,000,000円だったら、年収1,912,000円になり、所得税4,400円と、住民税8,800円、合計で13,200円分も税金が安くなる。」という計算も私はできないません。なので、サイトに入力して計算しました。

「私はいくらくらい税金が安くなるんだろう?大体でも知りたいなぁ。」という方は、一度調べてみてはいかがでしょうか?

→セルフメディケーション税制で、所得税と住民税がいくら減税されるのか調べるサイトはこちら。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。