DPCってなに?検査やレントゲンはコミコミ入院費の計算方法!

「大きい総合病院でDPC包括制度って入院請求書をだしてるってみたんだけどなんなのかなぁ?」

「DPCで医療費を計算する病院に入院してるんだけど一体なんなの!?」っていう方へ。

『DPC』という病名で入院料が決まる医療費の計算方法をお教えします。

スポンサーリンク

DPCは主病名で1日の入院料が決まります。

  • 「A病院は1日1,000点」
  • 「B病院は1日1,500点」

と通常入院したら病院ごとに条件に合った料金が設定されています。

大学病院や総合病院で見かけるDPC包括制度は主病名が何かによって1日○点という料金が変わります。

病名によって2,000点や3,000点のときもあります。

「入院した一番メインの病気」に対する病名なんです!

また入院期間によって料金は減ります。

1日目~7日目→2,000点
8日目~14日目→1,500点
15日目~28日目→1,000点

通常とは違うポイントのひとつです。

スポンサーリンク

DPCの病院に入院したらお金がかからない!?

入院費計算方法DPC1

一般的な病院で計算する積み重ね式は検査やレントゲン、点滴もすべて入院費に反映されます。

→入院費のやったらやった分だけどんどん高くなる計算方法!

DPC包括制度の場合は簡単な検査やレントゲン、点滴、飲み薬まで入院料に含まれます。

つまり、「お金がかからない!」ということです。

 

DPCに含まれること

  • 基本入院料
  • 検査
  • レントゲン
  • 飲み薬や塗り薬
  • 点滴・注射
  • 処置

ざっくりとしたジャンルですがこれらは入院料に含まれます。

 

DPCに含まれないこと

  • 基本入院料に対する加算
  • 手術・麻酔
  • 輸血
  • 放射線治療
  • 退院するときの薬
  • 一部の処置(人工透析やカウンターショックなど1,000点以上という決まりがあります。)
  • リハビリテーション
  • 胃カメラ、大腸カメラ
  • 心臓カテーテル検査
  • 精神科治療

などがDPC入院料に含まれません。

 

含まれるものを1日に何回やっても同じ値段!?

入院費計算方法DPC2

血液検査や尿検査は含まれますしCTやMRIもお金はかかりません。

なので、上の図では2日おきに検査とレントゲンをしてますが仮に1日おき、3日おきにしても同じ値段で入院料は変わりません。

一定の期間が過ぎたらDPC入院料は減っていきます。

でも含まれるもの、含まれないものは変わりませんので心配ないです。

 

「入院中はに違う病気になったら別料金になっちゃうのかな?」という方はこちらに書きました。

→DPCの病院に入院中は他の診療科の診察もお金がかからない!?はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。