医療費を3割で支払いしたとき健康保険使わなかったらいくらになるの?

「医療費の3割支払いを健康保険なしだったらいくら?」、「3割負担で計算された金額を自費にしたら何円になる?」という方にお教えします。

支払った3割負担の医療費を自費にする簡単な計算方法があります。

スポンサーリンク

3割負担を健康保険なしの料金にするには?

医療費領収証外来3割負担1

「保険証出してるから医療費は3割負担のはず。もし健康保険に入ってなかったらいくらなのかな?」という疑問を病院で会計のとき思うことがあります。

実際に窓口でもよくある質問です。

「自費で10割全額支払いのときいくらなのか?」「自分の医療費が何円かかってるのか?」をすぐにわかる簡単な方法があります。

領収証の合計点数に「0(ゼロ)」を1個つけるだけです。

医療費は1点10円なので単純に10倍すれば本来の料金がわかります。

円表示の場合は計算するまでもなく数字がそのまま医療費の総額になります。※画像の領収証が円表示です。

スポンサーリンク

支払った医療費は本当に3割負担なのか確かめる方法。

医療費領収証外来3割負担2

医療費はスーパーやコンビニなど通常の買い物とは違い点数計算なのでよくわからないこともあり疑いをかけられます。

「3割負担なんだからこんなに高いはずがない。4割とか何か計算が間違ってるんじゃないか?」というお問い合わせをよく受けます。

画像は円表示で診療費の合計が6,080円。3割負担だと1,820円となってます。

6,080円の3割計算をするとき2通りあります。

  1. 1割の608円に×3をする。
  2. 総額6,080円に×0.3をする。

どちらも計算結果は1,824円になります。

医療費は最終的に四捨五入されるので4円は切り捨てられて1,820円になります。

 

医療費の1割負担や3割負担はどう計算したらいいの?

①100円 ②100円 ③100円 ④100円 ⑤100円 ⑥100円 ⑦100円 ⑧100円 ⑨100円 ⑩100円

総額や10割、自費など医療費は複雑で難しい印象を持たれてます。

更に健康保険などを利用することで安くなりますが負担割合などの単語でまたごちゃごちゃになりがちです。

例えば医療費が1,000円だったとします。

「10割」というのは10個にわけて100円にしたこと。

1,000円札を100円玉10枚に両替した感じです。

100円玉10枚から1割負担は100円玉1枚3割負担は100円玉3枚になります。

医療費も同じ考え方になります。

端数を四捨五入にしてるので3割負担から全額を計算することはできません。

そのかわり、病院の領収証には必ず合計が金額か点数で載ってます。

全額がわかるなら10で割って3をかければ3割負担になります。

合計点数だけだったらそのまま3をかけると3割負担になります。

慣れないと難しく感じるのも無理ないです。

ご不明な点があればお問い合わせからメールをください。

→医療費・領収証に関するお問い合わせはこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です