地震災害で受診できる熊本県の病院一覧。万全の医療体制と豊富な備蓄。

「熊本で大きくて災害のときでも受け付けてる病院が知りたい。」、「地震や火事など災害時にどこの病院にいけばいいのか、わからない。」、という方にお教えします。

自然災害が起こったときのために備蓄など万全の医療体制を整えてる病院があります。全国各地に設置し、熊本にも10箇所の病院が認定されています。

熊本県の地震で拠点となっている病院をまとめました。

スポンサーリンク

熊本県の災害拠点病院とは?

災害拠点病院とは、地震や火事など災害が発生したときに中心となる医療機関のことです。災害時に平常通りでは処置などが追いつかなくなったときに拠点となる病院になります。

検査や治療の設備が整っていて、必要な道具が豊富に備えられています。いつでも患者さんの応急処置ができるように準備されているのです。

耐震耐火構造の建物、医療器具の備蓄、近隣にヘリポートがあること。救急患者さんの受入れができる、応急収容が可能な病院。応急処置の医療資材、自家発電機、テントなど病院独自でも治療ができること。厳しい条件をクリアして「災害拠点病院」になります。

災害が発生したときは病院から現場に救護班を派遣して医療活動をする「DMAT」もあります。2014年にTBS系列で放送されていた大倉君(大倉忠義主演)のドラマ「Dr.DMAT(災害医療のスペシャリスト)」のことです。

各都道府県に設置されていて、熊本県にもあります。災害のレベルをみて熊本県知事が発令したら、救命活動に出動します。今回、2016年4月14日に発生した熊本地震も、大地震に該当して災害拠点病院が医療活動をしています。

スポンサーリンク

熊本県の災害拠点病院を一覧にまとめました。

病院名 住所 電話番号 救急救命
熊本赤十字病院 熊本市東区長嶺南2-1-1 096-384-2111 あり
済生会熊本病院 熊本市南区近見5-3-1 096-351-8000 あり
国立病院機構熊本医療センター 熊本市中央区二の丸1-5 096-353-6501 あり
宇城総合病院 宇城市松橋町久具691 0964-32-3111 なし
公立玉名中央病院 玉名市中1950 0968-73-5000 なし
山鹿市民医療センター 山鹿市山鹿511番地 0968-44-2185 なし
川口病院 菊池市隈府下堀823-1 0968-25-2230 なし
阿蘇医療センター 阿蘇市黒川1266 0967-34-0311 なし
矢部広域病院 上益城郡山都町下馬尾204 0967-72-1121 なし
熊本労災病院 八代市竹原町1670 0965-33-4151 なし
国保水俣市立総合医療センター 水俣市天神町一丁目2番1号 0966-63-2101 なし
地域医療機能推進機構人吉医療センター 人吉市老神町35 0966-22-2191 なし
上天草市立上天草総合病院 上天草市龍ヶ岳町高戸1419番地19 0969-62-1122 なし
地域医療機能推進機構天草中央総合病院 天草市東町101番地 0969-22-0011 なし

以上、14か所が熊本県の災害拠点病院になります。医療設備が十分に整っていて、物資が確保できています。

救急救命センターは、「熊本赤十字病院」、「済生会熊本病院」、「国立病院機構熊本医療センター」の3か所になります。ほかの病院に救急救命センターはありませんが、応急処置など医療活動はできます。

住所や電話番号もまとめましたので、お近くの病院をめがけて行ってください。

 

熊本地震の被災者は保険証がなしでも3割負担。

「体調がおかしい」、「具合が悪い」、という方は、地震の影響で体が異変を起こしているかもしれません。

保険証は自宅に置いたまま避難したことと思います。熊本地震の被災者の方は保険証がなくても住所などを言えば健康保険を使えます。

3割負担の医療費で受診できるので、お金のことは気にせず病院に行ってください。

保険証がなくても3割負担で受診するために、必要な情報は別の記事にまとめてあります。行く前や移動中にでも読んで参考にしていただければ幸いです。

→熊本地震の被災者は保険証なしで受診しても3割負担。全国の病院で対応。はこちら

 

私が働いていた病院も災害拠点病院でしたが、何事も起きることなく退職することになりました。ですが、備蓄庫やヘリポート、自家発電など緊急時のために準備された項目はたくさんありました。

病院は地震や火災、津波など災害が起こった時でも落ち着いて対応できるように訓練を重ねています。

生命を最優先にして、小さなことでも大きな病気に関する、症状のひとつかもしれません。心配なことがあれば、病院を頼ってください。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。