足の爪が剥がれた(70日目)古い爪が取れたら処置をしない方がいい?

右足・親指の爪が剥がれて10週間、古い爪が取れて4週間になります。

爪は異常なく少しずつ伸びています。ガーゼなど処置をしない方が早く成長するのではないか?という疑問を抱えるようになりました。

今回は、足の指から爪が剥がれてから70日後の経過報告と、処置と爪の伸びる成長スピードをお送りします。

画像はイメージとして1枚だけ表示しています。グロテスクな画像が苦手という方もいるため、以下、記事内ではリンクで写真を貼り付けています。

スポンサーリンク

足から爪が剥がれて10週間経過。ほぼ元通りまで回復。

右足の親指から爪が剥がれてから、10週間後の報告をします。

健康的でキレイな爪が伸びています。ですが、正直言って、見た目は9週目までと全く変わっていません。過去の画像と比較して、「ちょっと伸びているかも?」と思うくらいです。

爪切りが楽しみで、何度も切る仕草などをしてしまいます。来週こそは先端が出てくると信じています。

爪が剥がれた感覚や症状もないので、まだ成長途中であることを忘れてしまうくらいです。

→足から剥がれた爪の10週間後画像はこちら

 

→【前週】足の爪が剥がれた(63日目)の記事はこちら

スポンサーリンク

剥がれた爪の処置を忘れる。処置をしなかったら早く伸びるのか?

爪が剥がれたことを忘れる、ということで、処置も同時に忘れます。

朝になってから処置をしないで寝たことに気付いたり、翌日のお風呂でガーゼがないの親指を見て思い出します。

しかし、おかげで新発見がありました。爪の生え際に薄皮やカスのような物が残っていました。

毎日消毒やガーゼで処置をしていた時は気づきませんでしたが、いつでも爪の様子が見えるのです。

薄皮があるということは、それだけ「爪の成長スピードが速い」!?

そこで、今週1週間は処置を何もしないで過ごしてみようと思います。

靴下やストッキングを履く時、裸足でサンダルの時もそのまま。

処置をしなかったら、どのくらいの速さで伸びるのか?1週間でどのくらい伸びるのか?検証してみようと思います。

 

左足・親指の爪も黒く膨らんで剥がれそう。

ちなみに、私は左足の親指も爪が剥がれそうです。元の状態は右足と似ていて、黒くなり膨らんでいます。

現在は新しい爪が伸びてきていますが、スローペースでいつになったら、全部ピンク色の爪になるのかわかりません。

軽く触ってみてもポロッと剥がれそうなくらい爪が脆くなっています。

右足・親指のように早くキレイな爪になれるなら、自分で剥がそうかな?と思うこともあります。

痛みや出血が怖くて、結局できない始末ですけども。

自然に剥がれる日がきたら、また経過などのご報告をします。

→左足・親指の剥がれそうな爪はこちら

 

先週までしていた爪の処置方法は別の記事に載せています。剥がれた爪の処置や医療用テープの止め方を知りたいという方は、参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。