足の爪が剥がれた(77日目)ガーゼ処置をしなくても全く変化なし。

右足・親指の爪が剥がれて11週間、古い爪が取れて5週間になります。

消毒やガーゼなど、爪の処置をしなかったら、伸びるスピードが上がるのか実験してみました。ですが、伸びているように思えませんでした。

今回は、足の指から爪が剥がれてから77日後の経過報告と、処置をしなければ爪が早く伸びるのか?実験結果をお送りします。

画像はイメージとして1枚だけ表示しています。グロテスクな画像が苦手という方もいるため、以下、記事内ではリンクで写真を貼り付けています。

スポンサーリンク

足から爪が剥がれて11週間経過。爪伸びず。もう完治?

右足の親指から爪が剥がれてから、11週間後の報告をします。

爪を始め、足や親指に、異常はありません。

むしろ、伸びている様子もなく、全然変わっていないです。「爪の栄養が足りないのか?」など逆に不安になります。

私は爪切りができるようになったら経過観察も終了だと思っていましたが、もう完治として良いのではないか?と考えてしまいます。

→足から剥がれた爪の11週間後画像はこちら

 

→【前週】足の爪が剥がれた(70日目)の記事はこちら

スポンサーリンク

実験「爪の伸びるスピードは処置で変わるのか?」結果発表。

先週、「処置を忘れたら、爪の成長スピードが速くなる!?」という疑問を抱いたので、急遽、試してみることにしました。

『爪は処置をしなかったら早く伸びるのか?』

1週間、足のことは放置していました。消毒やガーゼのいつもの処置はしません。靴下を履くときもそのまま布と接触させて、サンダルのときは素足で外気に触れています。

結果・・・。全然変わりませんでした。今回は1週間も期間があったのに、正直、伸びているようにも思えないです。

しかし、今回の実験でわかったこともあります。

「もう消毒やガーゼの処置をしなくても大丈夫。」ということです。もちろん細菌感染などの心配するなら処置をしても良いですが、やはり毎日の消毒とガーゼ交換は面倒ですからね。不安がなければ、そのまま放置しておいたら、少しずつでも爪は伸びていくでしょう。

→処置をしなかった1週間の爪ビフォーアフターはこちら

 

消毒やガーゼ交換。いつもの処置はどうやってたの?

足爪剥がれる痛くない黒い内出血処置テープガーゼ7

私は先週まで毎日、消毒してガーゼで保護する処置をしていました。

消毒はマキロンなどドラッグストアで買える市販のものです。ただ爪に消毒液をかけて、周りを拭いたら、内輪などで軽く仰いで終わりです。

ガーゼは爪が残っていた頃は、就寝中や昼間の活動している時に、取れないよう2枚重ねでした。爪がなくなってからは、直に接触させないで、通気性をよくすることを考えて1枚にしました。

ガーゼの処置方法や医療用テープの止め方は別の記事に書いておきました。あなたの参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。