足の爪が剥がれた(35日目)新発見「爪は黒くない、白かった。」

右足の親指から爪が剥がれて5週間になります。

指、皮膚、爪など足に変わった様子はみられません。1か月以上経った今、亀裂はなくなり、新旧の爪はもうほとんど繋がっていません。

一見、爪が黒くなっていると思えます。不思議に思ったので、部分的に切り取ったら黒いモノは膜状のカスで、爪本体は白く健康的な色でした。

今回は、爪が剥がれてから35日後の経過報告と、爪の裏に潜んだ黒いカスを公開します。

画像はイメージとして1枚だけ表示しています。グロテスクな画像が苦手という方もいるため、以下、記事内ではリンクで写真を貼り付けています。

スポンサーリンク

足から爪が剥がれて5週間経過。爪は順調に伸びている。

5月末に足の指から爪が剥がれて、5週間の経過を報告します。

親指や皮膚、爪、右足など、35日が経っても異常ないです。痛み、かゆみ、化膿、出血・・・、心配に思うことは、ひとつもありません。

新しい爪と古い爪が、かすかにくっついているのですけど、亀裂も進みました。もうほとんど右側まできています。もはや亀裂ではなく、「新旧の爪が1本の糸で繋がっている」の方が表現として正しいのではないかと思います。

毎日小学1年生のアサガオの観察日記をつけているように、特別何も起こらない。血が出てきたり化膿されても困るのですが、あまり治っている実感がないです。

「爪は伸びているのか?順調に完治へ向かっているんだろうか?」と時々不安に思う時があります。ガーゼ交換のときに毎日写真を撮っているし、このブログでも1週間ごとに経過を更新しているので、過去の爪をみて確認しています。

私の右足親指の爪は少しずつ成長し、治ってきていました。生え変わり状況を確認できて安心しました。

→足から剥がれた爪の5週間後はこちら

 

→【参考】足の爪が剥がれた(28日目)はこちら

スポンサーリンク

爪本体は白かった事実。黒くなってた実態は?

1日1回は爪を守っているガーゼを取り換えています。するとやはり、「爪の黒い部分は何なんだろうか?」という疑問が出てきます。そこで、調査すべく黒いところを含んだ爪を一部切り取ってみました!

手で触ってみても、乾いていて何も感じない。「ザラザラしている」、「ヌルヌルしている」という感覚はないです。見た目はヌルッとしていると思いましたが予想外です。

ドラッグストアで薬剤師さんに話を聞いた時は、爪が黒くなり、厚みもある。症状から「爪水虫」の可能性が高いということでした。

爪水虫はそのままで爪の水虫です。よくある水虫とは指や足の裏が痒くて痛くなります。また、水虫は真菌といって、カビです。爪水虫は指ではなく爪がカビたことを意味します。

よって現時点で、「爪の黒い膜は爪水虫のカビである。」と考えられます。

私はヒールのあるパンプスを履いていた頃の爪なので、爪で内出血したのではないかと思っていました。分厚い爪を考えると、爪水虫の方がありえますね。

→黒い部分を切り取ってみた爪の一部はこちら

 

爪を立ててみました。断面ですね。

黒いところが1枚めくれています。爪が黒くなっているのではなかったです。膜のようになっていました。

取れるならもしかすると綺麗にできるのかもしれない。なので、爪の上側をちょっとこすってみました。

結果、黒い膜状のカスは取れて、爪が白くなりました。ちょっと嬉しいです。ゴミが詰まっていたような感じです。

そして、「黒いモノが何なのか?」まだハッキリしていません。「爪を一部切り取って郵送で検査してくれるところはないか?」探しています。検査機関や爪の裏にあった黒い物体の正体など、分かり次第また報告します。

→爪の欠片を横からみた写真はこちら

 

病院受診したくない。自分で処置をして1か月後も経過良好。

足指の爪が剥がれてから1か月以上になりますが、経過は良好です。

私は病院に行かないで自分で処置をしています。それでも痛くない、血も出ないし、腫れることもない。

毎日消毒をして、ガーゼを交換して、通気性をよく清潔にしていれば大丈夫です。

病院に行きたくないから無理して受診する必要もありません。私の処置を参考にしたいなら別の記事にしてありますので、ご覧ください。ただし、処置や状態の悪化などは自己責任の元で管理をお願いします。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。