【毎週更新】「足の爪が剥がれた」処置等まとめ。1週間毎に経過報告。

2016年5月27日に右足・親指の爪が剥がれました。

1日目から写真を撮って痛みや出血、化膿などの状態、爪に関する出来事を記録しています。1週間ごとに経過をまとめて毎週更新中です。

また、私は病院に行かずにセルフ診断です。自分でできる爪の処置の方法や、病院に行くときの診療科についても記事にしています。

「足の爪が剥がれる」ことについて、当ブログの記事をまとめています。

スポンサーリンク

【週1更新】足の爪が剥がれた経過一覧。

〔1日目〕原因と病院行かずに自分でした応急処置。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血1
  1. 右足の親指の爪が剥がれました。1日目。
  2. 足の爪が剥がれた私の原因は「栄養不良」。
  3. 応急処置は剥がれた爪をそのまま現状保存。「テープ止め。」

足から爪が剥がれた初日。原因や処置について、書いています。

→足の爪が剥がれた(1日目)原因と病院行かずに自分でした応急処置。はこちら

スポンサーリンク

〔7日目〕1週間で亀裂入り。ガーゼで処置を継続。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血1週間後1
  1. 足の爪が剥がれて1週間経過。左側4分の一にヒビが入ってる。
  2. 靴下なしで寝てみた。爪はついたまま、朝までぐっすり就寝。
  3. 親指をガーゼで包んでテープ止め。自己処置を続ける。

1週間で新しい健康な爪と古い剥がれた爪に亀裂が入りました。

また、靴下なしで就寝したことや、処置を継続することが書かれています。

→足の爪が剥がれた(7日目)1週間で亀裂入り。ガーゼで処置を継続。はこちら

 

〔14日目〕ヒール靴もOK。亀裂から化膿してきた?

足爪剥がれる痛くない黒い内出血1週間後1
  1. 足の爪が剥がれて2週間経過。痛みやヒビ割れ度に変わりなし。
  2. 7cmのヒールがある高い靴を履いても大丈夫。推奨はスニーカー。
  3. 亀裂から爪の内部で化膿?乾いたモノと湿ったモノが出てきた。

剥離から2週間後も爪や親指に異常はありませんでした。

ヒールの高い靴も履けるけど、スニーカーなどの平らなシューズがおすすめと判明。

指の皮膚と爪の中から、謎の物体が出てきました。化膿かと焦りましたが、違いました。

→足の爪が剥がれた(14日目)ヒール靴もOK。亀裂から化膿してきた?はこちら

 

〔21日目〕入浴後に浮いた爪。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血3週間後1
  1. 足の爪が剥がれて3週間経過。痛みやヒビ割れ度に変わりなし。
  2. 【画像注意】真っ黒な爪の裏側は腐っていた?親指の内部事情。
  3. 右足・親指の爪を比較。21日間で伸びた爪の長さ推定3mm。

3週間が経っても、特に変わった様子がみられませんでした。

爪の裏側や皮膚の状態が確認できたので報告と、爪が伸びたので長さを比べました。

→足の爪が剥がれた(21日目)入浴後に浮いた爪。はこちら

 

〔28日目〕亀裂が爪の三分の二まで進む。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血4週間後1
  1. 足の爪が剥がれて4週間経過。三分の一まで健康な爪が伸びた。
  2. 新旧の爪で境界線。爪の三分の二まで完全に剥離。
  3. ガーゼで処置を継続。無名の安い消毒液でOK。

約1か月後の経過報告です。かすかに繋がっていた新しい爪と古い爪が、ほとんど途切れました。

私が処置に使っている消毒液をご紹介しました。

→足の爪が剥がれた(28日目)亀裂が爪の三分の二まで進む。はこちら

スポンサーリンク

〔35日目〕新発見「爪は黒くない、白かった。」

足爪剥がれる痛くない黒い内出血5週間後1
  1. 足から爪が剥がれて5週間経過。爪は順調に伸びている。
  2. 爪本体は白かった事実。黒くなってた実態は?
  3. 病院受診したくない。自分で処置をして1か月後も経過良好。

爪が剥がれた日から2か月目に突入です。爪が伸びてきたので、黒いところを部分的に切り取ってみました。「爪は黒くなかった。白い爪に膜のようなものがついていた。」ということが一部採取してみてわかりました。

→足の爪が剥がれた(35日目)新発見「爪は黒くない、白かった。」はこちら

 

〔42日目〕事件!親指から爪が離れてなくなった。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血6週間後11
  1. 足から爪が剥がれて6週間経過。爪がなくても痛くない右足親指。
  2. 爪から黒い欠片が流出。綿棒で爪裏をこすってみた。
  3. 事件発生!爪が指から完全に取れた。でも痛くない。

6週目が経った親指の剥がれた爪情報です。爪のことだけなのに、黒いカスがでてきたり、すごくボリュームのある1週間になりました。爪が斜めに傾いていたので、綿棒で爪裏の掃除をしてみました。いまは白くて綺麗な爪です。

2か月目にして、とうとう爪が完全に指から取れてしまいました。「爪がなければ痛い」と思ってしましたが、意外と平気です。

→足の爪が剥がれた(42日目)事件!親指から爪が離れてなくなった。はこちら

 

〔49日目〕爪がない指で歩いても日常生活に支障なし。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血7週間後1
  1. 足から爪が剥がれて7週間経過。爪がなくても障害なし。
  2. 爪がなくなったので親指にしていた処置を簡易化しまいた。
  3. 爪がなくても足の処置は続行。基本は同じ「消毒とガーゼ交換」。

爪がなくなった日から1週間が経ち、歩いたり走っても痛くない。目的であった爪が取れてしまったので、足にしていたガーゼを1枚にできました。

新しく健康な爪が半分以上にまで伸びれば大丈夫。爪がなくても痛くないし、むしろ処置た方が簡単になります。

→足の爪が剥がれた(49日目)爪がない指で歩いても日常生活に支障なし。はこちら

 

〔56日目〕新しい爪を画像で比較。2週間で1cm伸びた。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血8週間後1
  1. 足から爪が剥がれて8週間経過。消毒ガーゼ処置を忘れても平気。
  2. 爪の2週間ビフォーアフター「伸びた長さ約1cm!!」
  3. 爪切りができるまで「消毒とガーゼ交換」が必要。

2か月経っても痛みや出血など症状ということはないです。仕事や私生活に影響はありません。

古い爪が完全になくなった2週間前と画像でビフォーアフターをしました。約1cmも爪が伸びていて嬉しい気持ちになりました。

→足の爪が剥がれた(56日目)新しい爪を画像で比較。2週間で1cm伸びた。はこちら

 

〔63日目〕経過良好。黒い爪もピンク色になった。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血9週間後1
  1. 足から爪が剥がれて9週間経過。異変なく良好状態を維持。
  2. 爪の前後を画像で比較。剥がれた直後→9週間。
  3. 爪切りができるまで「消毒とガーゼ交換」が必要。

順調に新しい爪が伸びていて、異常が見当たりません。

比べる時期をずらしてビフォーアフター企画をしました。2か月で爪が生まれ変わりました。

→足の爪が剥がれた(63日目)経過良好。黒い爪もピンク色になった。はこちら

 

〔70日目〕古い爪が取れたら処置をしない方がいい?

足爪剥がれる痛くない黒い内出血10週間後1
  1. 足から爪が剥がれて10週間経過。ほぼ元通りまで回復。
  2. 剥がれた爪の処置を忘れる。処置をしなかったら早く伸びるのか?
  3. 左足・親指の爪も黒く膨らんで剥がれそう。

爪が順調に伸びて処置を忘れる日々です。

もしかしたら、処置をしない方が完治が早まるかもしれない。

なので、1週間処置をしなかったらどうなるのか検証を始めました。

→足の爪が剥がれた(70日目)古い爪が取れたら処置をしない方がいい?はこちら

 

足の爪が剥がれた時の処置。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血処置テープガーゼ6
  1. 剥がれた爪の処置。テープ止め→ガーゼ保護に変更。
  2. 用意するもの:絆創膏テープ、医療用ガーゼ。(消毒液)
  3. 足の爪をガーゼで保護する処置手順。

爪が親指から剥がれた時の処置方法をまとめています。

準備から始まり、手順まで、誰でも自分でできる処置なので、参考にしてみてください。

→足の爪が剥がれた時の処置。ガーゼで通気性よく乾燥させること。はこちら

 

足の爪が剥がれた。病院の診療科は何科?

足爪剥がれる痛くない黒い内出血3
  1. 足の爪が剥がれたら病院で診てもらいましょう。受診は「皮膚科」。
  2. 病院に行きたくない。受診しなかった時のリスクとは?
  3. 病院を受診しないで、剥がれた足の爪を自分で処置するならどうするの?

足から爪が剥がれた時に何科を受診すれば良いのか?

また、病院はお金がかかるし、面倒。待ち時間も長いから疲れる。なので、私は皮膚科受診をしないで、自分で処置しています。

病院に行かないなら、細菌感染や化膿するかもしれない。親指、爪、足全体が悪化の可能性もあります。自己診断するなら危険性を理解しておきましょう。

→足の爪が剥がれた。病院に行くとしたら診療科は何科?はこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。