足の爪が剥がれた(63日目)経過良好。黒い爪もピンク色になった。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血9週間後1

右足・親指の爪が剥がれて9週間、古い爪が取れて3週間になります。

足、指、爪、もう全然痛くも痒くもないです。爪が剥がれて1日目と現在63日目で比べたところ、8割方が新しい爪になりました。

今回は、足の指から爪が剥がれてから63日後の経過報告と、爪のビフォーアフター企画「初日→2か月後」をお送りします。

画像はイメージとして1枚だけ表示しています。グロテスクな画像が苦手という方もいるため、以下、記事内ではリンクで写真を貼り付けています。

足から爪が剥がれて9週間経過。異変なく良好状態を維持。

右足の親指から爪が剥がれてから、9週間後の報告をします。

ピンクで健康な爪が問題なく伸びています。足や指という視点からみても、変化ありません。

痛い、かゆいなど、症状が何もないので、ついつい爪が剥がれたことを忘れてしまうくらいです。見た目も元通りの爪に戻ってきたので、私自信はもう心配していません。

毎日、消毒をする時に爪切りを当てて、「もうちょっと!あと少し!」などと成長を楽しみにしています。

→足から剥がれた爪の9週間後画像はこちら

 

→足の爪が剥がれた(56日目)の記事はこちら

スポンサーリンク

爪の前後を画像で比較。剥がれた直後→9週間。

剥がれた爪と新しく伸びてきた爪で、ビフォーアフター企画。今回は2か月前の爪が剥がれた1日目と、現在の爪の様子です。

かれこれ9週間が経った今では、健康な爪の頂上が3分の2程度まで成長しました。

画像を見ただけでも一目でわかりますね。更に、内出血した後の黒かった部分もなくなり、とても見やすくなりました。

やっと普通の爪らしくなってきました。爪切りができるまでは、あと1~2週間ほど時間がかかりそうですが、そう遠くないですね。

→2か月で生まれ変わった爪。色や範囲など爪ビフォーアフター画像はこちら

 

爪切りができるまで「消毒とガーゼ交換」が必要。

足爪剥がれる痛くない黒い内出血処置テープガーゼ7

下着はストッキングでも靴はパンプス。スニーカーでも靴下を履く。など汗を書いて足がムレやすい。

夏で暑い季節だからこそ、通気性をよく乾燥させることが大切です。

処置は手や足、他の爪のように切れるようになれば正常といえます。薄いガーゼ1枚でもスキマがあると、乾きやすくなります。

なので、面倒ですが私はいまも、毎日消毒してガーゼを取り換えています。

剥がれた爪の処置や医療用テープの止め方は、別の記事でまとめてあります。私がしている処置方法があなたの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください