病院からもらった「退院証明書」ってなに?捨ててもいいもの?

「退院証明書在中って封筒はなに?」、「入院請求書と一緒に退院証明書を渡されたけど捨てちゃダメ?」という方にお教えします。

退院証明書は次に入院した病院へお手紙です。

スポンサーリンク

退院証明書ってなに?

病院に1日でも入院したら退院するときに「退院証明書」が渡されます。

病院から次に入院した病院へのお手紙で入院費を計算するときに必要な書類です。

なので、事務→事務へのお手紙で医師が書く紹介状とは別物です。

入院医療費は過去3か月以内に入院した日数も足して計算するので退院証明書というお手紙で教えてもらいます。

 

中身が気になる!開けてみてもいい?

通常だと『退院証明書在中』と書かれた封筒の中に入ってます。

「絶対開けちゃダメ、みてはいけない!」わけではありません。

しかし病名などが書かれてますので基本的にはそのまま病院へ出して下さい。

スポンサーリンク

退院証明書の見本を作りました!

医療費入院退院証明書1

「でも気になる!」という方に私が見本の退院証明書を作りました。

書類の形式は全国の病院で同じです。

重要なのは3番の入院日数になります。

4番の病名を書く項目があるので告知してないがん患者さんに見せられません。

 

退院証明書はいつだせばいいの?

「3か月以内にまた入院しちゃった。いまの病院を退院するときにだすの?」

と大事に大事にお持ちの患者さんは入院したときに出してください。

受付や会計、外来や病棟看護師、相談員、誰でもいいので病院職員に渡して下さい。

最後は事務に届きますので大丈夫です。

 

退院証明書は捨ててもいいもの?

「3か月間保管しててくださいね。3か月過ぎたら破棄していいですよ。」と、もらうときに言われます。

入院日数を前の病院から数えるのは過去3か月~なので過ぎたら捨てていいです!

ただ、不安ならずっと保管してても悪いことはおきませんので大丈夫です。

ちなみに、1年間は保管しておくほうがいいかもしれません。

1番に入院日と退院日を書く項目があり高額療養費の4回目以降になるか教えてくれることがあります。

しかし、受け取った事務が気付けば教えてくれるという話で絶対ではありません。

 

退院証明書はなくしたらだめ?

「退院証明書がない!どうしよう!?」

と慌てる患者さんもいますが正直なくても大丈夫です。

「先月○○病院に入院してた」と教えてもらえたら前の病院の事務に電話で郵送してもらうことができます!

なので、「捨てちゃったかも。」「どこに片付けたか忘れた」場合は入院した時期と病院を教えてください。

時期はわからなくても病院名さえわかれば入院してた病院に聞くことができます。

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。







「急病で時間外受付になっちゃった。」
夜間休日・救急外来の記事

時間外や深夜、休日など受付時間で変わる医療費の割増。
救急で保険証がなくてもいいかな?支払いはいつするんだろう?など。
夜間救急で病院を受診したときの記事があります。







「病院代ってよくわかんない。」
外来・入院「医療費」の記事

病院の治療費が知りたい方へ。
外来医療費や入院医療費についての記事があります。また、入院料金のDPCも詳しく解説しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です