大病院で初診時5000円負担増。平成28年4月から新制度始まる。

「大型病院に受診すると5,000円以上の支払いが発生する」、という新しい仕組みが平成28年度から導入されます。

特定機能病院など500床以上の大型病院が対象となり、紹介状の有無や救急外来など例外もあります。

520床の「聖路加国際病院」を特定機能病院ではない大病院の例としてご紹介します。

スポンサーリンク

平成28年4月から大病院で紹介状がない初診は自費5,000円。

今年4月より大病院の初診時に5,000円徴収される新制度が始まります。2年に一度見直される診療報酬の改正と同時にスタートされます。

紹介状を持たないで500床の大型病院に行った場合、5,000円以上お金を保険外で患者さんに請求されます。現在の紹介状なしで大きな病院に行ったらかかる「初診時特定療養費」に似てるものでランクアップされた制度と考えて良いでしょう。

→「初診時特定療養費」ってなに?という方はこちらに詳しくまとめてます。

 

初診時特定療養費は200床以上の病院に受診した場合は任意で500円~、4月から開始される新制度は500床の病院を対象に5,000円~で義務化です。

救急外来に受診した場合は除外されます。ですが、救急車なら0円、歩いて受付に行くと5,000円、という区別が以前働いていた病院でありました。タクシー代わりに救急車を利用する方も0円で、具合悪いけど頑張って自力で行った患者さんは5,000円、ということになります。受付をしていても心苦しいです。

厚生労働省の考えとしては自費で5,000円負担になれば、診療所や医院など小さい病院に行くだろう。町医者に重症や軽症、疑わしき病名などを判断してもらい、それぞれ専門の病院に紹介制にすれば混雑が減ると見込んでます。待ち時間が短くなったり、病院を何か所も回るよりも効率がいいことはわかります。

しかし、紹介状の有無や救急は対象外など例外を作って制度が複雑になると患者さんが混乱します。また、医療費は健康保険を使って、診療報酬があるのに自費の導入を増やすのはいかがなものでしょうか。私は紹介状があったら270点、なかったら400点など、保険対象でもっとわかりやすい制度にしてほしいと思います。

患者さんは病気かもしれない不安を抱えながら、何も知らないで大きい病院に行くことがあります。受診してから会計でいきなり「追加料金5,000円です。」なんて言われたら「おかしい!ぼったくりだ!」と感じるのは当たり前です。まずは新制度を始める前に厚生労働省から患者となる国民に説明してほしいですね。

→【続報!】紹介状なしの大病院を受診時5,000円定額負担。はこちら

スポンサーリンク

初診で5,000円の負担が増える大病院の定義とは?

平成28年度から始まる5,000円負担は大型病院です。

対象は「500床以上の大きな病院」になります。主に特定機能病院と呼ばれる医療機関が中心です。検査や治療など最新の設備、手術や処置の高い技術を持った医師がいる病院です。

特定機能病院とは大学病院本院、国立がんセンター中央病院、国立循環器病センターのことです。入院ベッド数が400床であることを条件としてるので特定機能病院は必然的に対象です。

国立がんセンターや国立循環器病センターは日本国内でも少ないです。略称で「○○医大病院」と呼ばれる医療機関も大学病院になります。大学病院であれば主要都市にはいくつかありますので、受診の際には気を付けた方がいいでしょう。

 

500床以上の病院は特定機能病院以外にどこがある?

聖路加国際病院乳がんママが生きた証報道ステーション1

大学病院など特定機能病院以外にも500床以上の病院はあります。

東京であれば中央区の「聖路加国際病院」です。520床なので特定機能病院ではありませんが、紹介状を持たないで受診すると5,000円かかります。

テレビ朝日のドラマスペシャル「ママが生きた証」の舞台となった病院です。貫地谷しほりさんが演じる主人公のママは妊娠中に乳がんが発見されました。日本では妊婦に抗がん剤治療は成功した症例がまだありませんでした。前例がない上にハーセプチンという薬を使うと赤ちゃんを守る羊水が減ることはわかってました。

聖路加国際病院では産婦人科の医師、乳がんの医師がアメリカの病院と治療について会議をしてました。抗がん剤治療か出産か究極の選択を迫られたところに「乳がんの治療して母体を守り、無事に出産できる」という朗報がありました。乳がんの妊婦さんに対して聖路加国際病院は、日本初の妊娠中に抗がん剤治療をさせた病院なんです。

だからといって「胸にしこりがある」などの症状だけで、聖路加国際病院を受診するのはやめましょう。

軽い乳腺炎かもしれない。乳がんではない別の病気かもしれません。「おかしいな?」と思ったら小さな病院で相談してみましょう。小さい病院はあなたに合った治療や病院を紹介してくれます。

→聖路加国際病院の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

関連記事と広告






保険証や負担割合などが書いてある
健康保険まとめページ

健康保険について、他の情報も知りたい方へ。
保険証の使用回数や医療費の負担割合、健康保険の種類が知りたいなどがわかります。







回数や計算、申請方法など。
高額療養費まとめページ

高額療養費制度や限度額適用認定証について、別の記事を見たい方へ。
高額療養費の回数や計算、種類などの記事があります。
限度額適用認定証など、申請方法や、書類の書き方も参考にできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

専門学校で3年間、医療事務の勉強。医療事務や診療情報管理士の資格を取得しました。就職先も、大きな総合病院から小さなクリニックまで、4か所で医療事務の仕事をしてきました。健康保険や高額療養費、入院費、外来費、DPCの計算、医療費は難しい。なので現在は、専門学校で勉強してきたことと、元医療事務の経験を元に、困ってる患者さんへブログで医療費の情報を発信しています。